カメラマンが撮るもの!!

取材先に行って何を撮ればカメラマンの仕事は完了となるのか?
様子を撮影するのか?
風景を撮るのか?

主催者までが気付けなかった本質のさらに真髄に触れることが出来るかどうか?

主査者というのは『○○のためにやっています』その奥というのは『○○のためにこれをすることで、このような期待が持てるかも知れません』→http://sakka.org/training/?mode=view&novno=14128

そこまで掘り下げて読んでくださるとは!
自分で書いておいてなんですが、この雰囲気小説にそのような見方があるとは思いもよりませんでした。とても面白い発見です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください