危険がいっぱい!!

報道の現場は台風の最前線や災害現場など、何が倒れてくるか?どこで何が起こるのか?周りをよく観察しておかないと思わぬ事態に巻き込まれることがあります。

自分も道路の崩壊現場に取材に行って、アスファルトの道を撮影していたら路肩が崩れだしたことがありました。
カメラのファインダー(ビューファインダー)ばかり注目していると、周囲の非常事態に気づかないし、自分を優位な立場において置けません。

カメラマンが主導権を持っているかのように振舞うためにも、異常のシグナルを発見する周りの観察は欠かせません!

ロケ車

危険がいっぱい!!」への2件のフィードバック

  1. おはようございます♪
     周囲の環境とか、、危険も多いお仕事ですよね。
     気を付けられてくださいね^^

  2. ももさん こんにちは♪^^
    若い頃はとっさに逃げることも出きたのですが、最近は
    判断力だけが頼りです。
    これからもがんばります!

    書き込みありがとうございます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください