気になるアイツ!!

スタジオでCMや情報番組を収録する時にメイクさんが来てくれます。
繁華街に店を出している美容室のスタッフさんなんですが、ローテーションで演者さんのヘアとフェイスメイクをしてくれるのです。

こんな感じの、一目でメイクさんとわかる格好でスタジオにいてくれます。

いつもは女性が一人で来るのですが、最近男性のスタッフが入ったらしく、女性のスタッフと数人で来てくれて『これをこうすると・・』とか『ナチュラルじゃなくて、見栄えがいいように』などと教えながらやっているようです。

スタジオ

カメラリハーサルが終わると『直し入ります』と言って、メイクさんが本番に向けてヘアを再セットするのですが、その『彼』の小指が必ず立っていて気になるのです!
『ちょっといいかしら?』『うん、大丈夫』『OK.OK』などという時も必ず小指が立っていて、技術スタッフの間でもちょっとした話題になっています。

オーナーの女性が来ることもあるのですが、このオーナーの方がよっぽど『男っぽい』所があって、○○くん、ちょっと来て!と『彼』を呼ぶと、『彼』は両手で口元を隠し『あら、嫌だ』と言っておびえたりするのです。




放送上は別の映像に差し代わり、演者の声のみを収録する時には『(音)オンリーもらいます』とADが大きな声を出すのですが仕事熱心なメイクさんの『彼』は『ちょっといいかしら?』と小指を立てて、髪の毛を直しに入っちゃうわけですよ。
するとオーナーに『音だけだからいいんだよ!』と怒られてシュンとなっちゃうんです。

オーナーがいないと伸び伸びやってるんですけどね!

そんな『彼』は、立てた小指でオーナーからの電波を受けて操縦されているんじゃないか?と噂が出るほどで、いつかへし折ってやりたくなります。
『君はオカマなの?』って意を決して聞いてみると『イヤダァ~、ぼくそんな風に見えます?』と両手で口元を隠して、答えが返ってきました。

『イヤダァ~』から始まる所で、思いっきりそういう風に見えるんですけど。

半ばあきれながら休憩時間におやつをつまもうとすると、無意識に小指が立ってました!
『あ、いかんいかん、影響されてる!』とお菓子を取るのを止めてティッシュペーパーをつかむと、こちらも小指が・・・・。
思わず『イヤダァ~』と叫びそうになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください