適材適所!!

理屈っぽい人っていますよね。何かにつけ分析して、何なら別角度からでも相手をやり込めようとがんばるような人は、屁理屈っぽい人とでも言うのか?どちらかと言えば技術肌なのでしょうか?研究者とか学者さんなどに向いているのかも知れません。

研究者と科学者は理屈っぽい人ばかりなのか?などと揚げ足を取らないでもらって、

アーティストと呼ばれる人達に必要なのは理屈ではなく余裕なのかな?と思います。

だいたい音楽や絵や小説などは、何がなんでも生活に必要なものでなく、そういう作品に触れて何を楽しむのだろう?
余裕を見て聞いて楽しむものなんじゃないだろうか?

詰まる所、余裕のない人にそういった作品を作れるとは思えないのですけど。いかがでしょう?

作れないのであれば見て楽しんで、身に着ければいいとは思うのですがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください