浜松で撮影ストップ続き!!

昨日、浜松で映画の撮影中に野次馬が多く集まって撮影が中止になった件を書きましたが、
浜松って、テレビ発祥の地なんですよね。
明治32年1月20日、浜松市で生まれた高柳健次郎さんが、大正15年12月25日(大正最後の日)に世界で初めてブラウン管を使った電子式受像に成功して、テレビの父と歴史に名を残しているし、しないのあっちこっち(浜松市立西部公民館:浜松市中区広沢1丁目21番1号やNHK浜松支局:浜松市中区下池川町35-28)に記念碑が建っているようです。

そんな動画発祥の地とも言える浜松での撮影ストップは、テレビの父と言われている高柳健次郎さんの顔に泥を塗るような行為にも思えて、残念でした。

何とか挽回しないとね!
DSC00024

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください