メモれ!

今日一緒にロケに行った若いリポーターさんは、リポーターと言ってもちゃんと伝える本職ではなく、アイドル志望なのだと。

移動中も鏡を見ながら化粧ばかりを気にして、資料的なものを要求するでもなく自分の身繕いばかりしてました。

リポーターにとってはもう移動中から取材が始まっている訳で『どんな道を走ってここまで来た』とか『どこどこの近く』だとか『この周りには何があって』など『その場を説明する取材』をしなければならないのに、前髪やまつ毛の具合、さらに携帯電話ばかりを気にしていたようです。

現場に着いて『駅から何分だった?』って聞いやったら困ってました。

移動中に取材が始まっているのはリポーターだけではなくて、カメラマンもイメージで映像を組み立てているはずです。

そんな話を次の現場に着くまで話すと、さっそく次の場所の説明コメントを考え出しました。
『繁華街から少し離れたオフィス街の一角に、OLさん達に人気のレストラン?OLさん達のお勧めレストランが』ってブツブツ言うだけで、メモろうとしないんですよ!

『書けばいいじゃん!』って言ったら筆記用具が無いのだそうです。

こんな時どうするのか?

カメラマンは現場で臨機応変に対応するために、頭の回転を早くする必要があります。
これが駄目ならこういう見せ方は?それが駄目ならこんなのはどう?と切り替えも早くて、柔軟な考え方が出来るかどうか?

筆記用具が無い時の対処方法は・・・
携帯電話のメールやメモ機能を使用する!」のです。
(答え合わせはコピー&ペースト、または見えない領域をドラッグで!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください