撮影アングル!!ハイ&ロー♪♪

ハイアングルとローアングルを上手く組み合わせて絵に変化を持たせて下さい 一番いけてないのがずっと同じアイレベルで撮影してしまうことです どこからハイポジで撮れるのか?ローで撮るとどんな感じになるのかを想像して 背景やアングルを予想しながら移動 撮影 しないと なかなか絵が決まらなくてカメラを持ったままウロウロすることになります 会見などの場合はアイレベルのヨリヒキでローアングルやハイアングルの撮影を必要としません 時間があればアングルの変化をつけてもいいと思いますが コメントねほうが重要だと思います
会見の場合 最初はなるべく正面で基本サイズをおさえて 雑談ぐらいの関係のない話になったら右端か左端に動いて これは放送時に時間スーパーが右左どちらに入るかで決めます 斜めからの引き絵の時に人物に時間スーパーがかからないように撮影時に気にしておきます 記者席からパーンした場合も時間スーパーが人物の顔にかからないように撮影します
とにかく左右上下前後をうまく使ってみてね♪

ハイポジペデスタル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください