かっこいいカメラマン!!

現場が判断できてこそ、その場を撮影できるカメラマンなのかも知れません。
行けると見えればガンガン行くし、行けないと判断しても、ではどうすれば行けるのか?
行けないとなればどんな手があるのか?を考えなければなりません。

そんな戦略をいくつも実戦で積み重ねるしかないのかも?

とにかく、カメラマンは自分の撮影した映像がカメラマン自身であり、
映像がかっこよければカメラマンもかっこよく、映像が綺麗であればカメラマンも綺麗だし、
オシャレならオシャレ、面白ければ面白いし、イカシテいればカメラマンもイカシテル♪ってことになりそうです。

同じように、
カメラマンの腰が引けていたら映像も腰が引けてしまうし、ビクビクしていたらそのビクビクした感じが、
映像から伝わって来てしまう。
それではそのカメラマンが現場を掌握したとは言えず、そうなると本来の大事なことが伝わらない。
堂々とした映像を撮るように努力しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください