ぎゃる・れ・お

ガリレオをインスパイアした作品?ぎゃる・れ・お
登場人物:タレント・レースクイーン 小河結香
     
『理工学部物理学科 第十三研究室』のプレートが掛かるドアを勢いよく開いて中に入ると、結香は准教授が実験中。
声 『結香は先生。大変です』
 切迫した声に対して、結香は准教授が落ち着いて対応する。
 結香は准教授『何をあわてているんですか?騒々しい。今実験中なんですよ』

 結香は准教授の名前スーパー(1S)湯川先生に引っ掛けてます。

声 『お忙しい所すいません。今日、スタジオ収録を見に来てくれた観客のみなさんが、結香は先生のサインがほしいと大騒ぎなんです』
結香は准教授『何だって?サインで大騒ぎ?』
声 『もう大変なんです。ありえない騒ぎです』

結香は准教授『ありえない?(いぶかしげな表情。指を一本立てながら)1939年6月アメリカの考古学者ポール・コソック博士によってペルーで発見されたナスカの地上絵は、かなり高い位置からでないと、その全体を見ることが出来ない。しかし、ナスカ平原の周辺には、その地上絵を見渡せるような高台は無いんだ。誰が何のために描いたのか?さっぱりわからない。しかし、これもある意味サインと言えるのではないだろうか』

声 『何の話ですか?』
結香は准教授『サインで大騒ぎの話だよ。ま、わたしのサインなんて、どれほどの価値があるのか』
苦笑いを見せる結香は准教授。
声 『先生しっかりしてください。ナスカはどうでもいいんです。事件はスタジオで起こっているんですよ。大騒ぎしている現場にはこれがあったんです』

 ギャルズパラダイス(レースクイーン名鑑)を結香は准教授に見せる。
結香は准教授『これは・・・・』

 ホワイトボードに恐ろしいほどの速さで数式を書き込む結香は准教授。
 ホワイトボードがいっぱいになると、ギャルズパラダイスに目をやり、サインを書き込む。
声 『あ、結局サインはしてくれるんですね?これ、何て書いてあるんですか?』
結香は准教授『結香でしょ!』
声 『どうなんですか?この本』
結香は准教授『実に面白い!』

 顔アップのままEND

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください