中継班の中継演出!!

27時間テレビで各地の中継入ってましたね。
中継班は中継の時間だけがんばっているように見えますが、何回もリハーサルをしたり、どうやって次も呼びかけてもらえるのか?をうまく演出して何とか何度も呼ばれるように(声が掛かるように)しないと、いけません。
Qシートと言われる番組の流れが書かれている図面に中継の回数やどのぐらいの時間に何分ぐらいの中継が入るのかが、書かれているのですが、まじめな局はその図面の流れでやるのでしょうが、バラエティーだと現場もがんばっちゃって、どうすれば割り込めるのか?を必死に考えていたりするようです。

例えば景色が綺麗だったりすると、それだけでも何かの告知の背景に使われたり、コーナータイトルの背景に使われるなど、声が掛かります。

何度も使われれば、中継に出た甲斐があったというものだし、その土地の人にも何度も自慢の場所がテレビで紹介されれば、大型の中継車が来て、寝不足の何人ものスタッフがウロウロして迷惑をかけていても許されるような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください