緊張しないために!!

カメラマンさんメールでの質問ありがとうございます♪
ここぞという時にカメラを構えると緊張するということですが、基本的にはみんな同じように緊張していると思います。

緊張することを『あがる』と言いますが、

実際、緊張すると息が上がるようです。
人間の体の中で自分の自由に出来るのは『息遣い』ぐらいしかありません。

血流とか脈拍などは、自分の意識では変えられないはずです。

その自分の力で何とかなる『息遣い』=呼吸法を覚えて自分の自由に出来れば、緊張した場面でも息が上がらずに平静を保てるようになるようです。

通常の呼吸数と脈拍を覚えておいて、緊張時でもなるべくその呼吸数と脈拍に近づけるようにすれば、良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください