マターとは!!

イベントや番組進行など『仕切り人』の誰(どちら)に『主導権』があるのか?を確認する時に、

『これはどっちマター?』とか『今回はこちらマターですから』などと使います。

『こちらマター』であれば、こちら(番組制作側)のキュー出しで、物事が進行していきます。

サッカーなど試合開始のキックオフも、こちらマターであれば、フロアーの合図(キュー:キューだし)で、主審が笛を吹いてくれます。

この場合、向こう(開催側:協会など)マターの場合は、きっちり時間通りに試合が始まり、番組制作側はそれに合わせます。(19時半キックオフなどとポスターなどに書かれている場合、それに合わせた進行になる場合が多いようです)

試合の流れ(試合開始時間など)は向こうマターですが、終了してからの選手の動きは、番組制作側でも主催側でもなく、また別の仕切りがマターになる場合もあるようです。

とにかく、どこからどこまでが、どこマターなのか?はっきりしておく必要があるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください