日本映画の緞帳はいつ開く???

12月1日は『映画の日』ということで1000円で、ロードショーが見られたようです。
先日も『最近映画見た?』と聞かれて、『2012』の試写会に仕事で行ったけど映画自体ぜんぜん見てない事に気づきました。
チケット売り場

皆さんは邦画洋画のどちらが好きですか?

正月といえば『寅さん』と『007』でしたが『寅さん』がお亡くなりになり、代わり?に始まった『釣りバカ日誌』も今年の年末が最後の作品だそうです。

アニメの方は、日本映画も活気付いているようですが、実写になると今一つ勢いがないですね。
先日レンタルで観た『MW』も手塚治虫さんが原作だと話題になりましたが、自分が思うに、あの終わり方ではスキッと感が無くて、やっぱり洋画観ればよかったかな?との結論に達しました。
20世紀少年も最初はよかったのに、続くほどにインパクトが無くなっていくし、それでもK-20は松たか子が可愛かった印象があるけど、最後がアメリカ映画ほどの華やかさが無いし。
晴れ晴れした後味は、アメリカ映画ならではのものでしょうか?
フランス映画はオシャレに『FIN』を迎えるよな、と以前思ったものです。今はどうなんでしょう?

そして、日本映画の特徴は?見た後にスカッとしない所ですかね?どう思います??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください