基礎知識~やってはいけない撮影~

撮影をする時、こんなカメラワークに気をつけましょう!

パン(カメラを振る撮影)しながらのズーム操作
パンをしながらのズーム操作というと、普通は振り込んで『目標物』が見えた所でズームをします。
こういうカメラワークはよくあるんです!これは位置関係や注目度アップのために『効果的なパンをしながらのズーム』なのですが、そういう基本を知らないと、カメラを振りながら『目標物にズームしなきゃ』という頭があるもんだから『目標物が画面に入る前』にズームしちゃう人がいるんです。これ基本的に駄目ですから、『どういう所にある(ここ!)』という風に見せる操作でお願いします。

解説ビデオ

止めの無いパン(カメラを振る撮影)とズーム操作
基本的にはカメラを振ったりズームを使った場合は、一動作ごとに一拍の止めが必要です。
撮影を開始してすぐにカメラを振ったり、動かした後、すぐに撮影を止めてしまうと『どこからどこまで』移動したのか印象に残りません。

解説ビデオ

ながら撮影(撮影しながら画面の中で次の絵を探す撮影)
常にカメラがフラフラしている印象しか残らず、『ここぞ!』という映像が残りません。
思いきりよく絵を切り取りましょう!自信無さげなズームやパンは、目的地を探しながら運転しているのと同じです。外から見ていて、あまり気持ちのいいものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください