キレキレの後のキメキメ

『切れる』って、『出来る』という意味であることは、皆さんご存知で、先を見た行いに対して『〇〇チャン、今日もキレキレだね!』なんて誉めることも多い今日この頃??

では『キメキメ』とは?

これは、撮影する絵が、収まり良く決まっていることなんです。
キメの映像とでも言うのでしょうか?

普通映像は『フィックス』といって収まりのいい風景を撮影する訳ですが、そこからズームイン・ズームアウトやパン(カメラを縦や横に振る操作)で、次の収まりの良い絵に動かす時に、キメからキメへの移動となる訳です。

素人さんがカメラを振る(パンやズームをする)とこのキメキメの部分が無く、どこまでも動き続けていたり、最終的には何を撮影しているのかわからなくなることが多いので、気をつけたいですね。

ぜひ、キレキレのキメキメを目指して下さい!

キレキレくん いらっしゃ~ぃ♪

『キレル』って一時話題になりましたね!
若い人がよく切れる!とか、切れて人を刺したりするんだとか?

そんな意味で使われると『キレル』って悪い事のように思われちゃいますが、もう一つの意味の『キレル』=『デキル』を、自分はよく使うんですよ!

どんな土壇場でも何も悩む表情を見せないディレクター。この人は、例えば主役が何かの都合で現場にいなくても『OK!やろう』って言っちゃう人です。頭が良いから、すぐに代替案が思いついちゃうようで、この人の困った顔っていっさい見た事が無い。

構成作家も打ち合わせで『あれも入れてくれ、これも入れてくれ』って注文が多いと処理出来なくなるものだと思っていましたが、いるんですね『切れ者』が、『じゃ、こうしましょう♪』って、むしろそれを楽しんじゃうぐらいの、まさにキレキレ人生じゃないですかっ!

それでまた、それを自慢しない所が凄いし、自慢しないから『若者がキレル』って言葉の方が、市民権を得ちゃうのかもネ?

本人たちに言わせると『え!??これが普通だろ??』って言っちゃってるんだから、改善されるはずも無いんですけど・・・。

とにかく自分も少しでも『切れる』ようにがんばりますっ!

番組を作る目的とは??

今日番組の会議がありまして、どんな内容がいいのか?という話し合いになりました。

視聴率を取りに行くのか?見る人に楽しんでもらいたいのか?感動を与えるのか?という熱い話になるのかな?と思ったら、結局、視聴者なんて人それぞれだから、面白いと感じる物も十人十色じゃん!なんて意見が出て、それならスタッフが面白いと思うものを作れば、いいんじゃないか?という意見にまとまったようです。

ま、間違いじゃないとは思いますが、ターゲットを絞らなくていいのか?

スポンサーとしては、例えば主婦層向けの企業であれば、昼ドラ(昼のドラマ)やワイドショー?携帯電話やそれに関するコンテンツ事業はお笑いやバラエティーなど、効果的な枠を狙って提供に付くんだろうから、スタッフが自分たちが楽しけりゃいいって・・・・・今はそれほどCMが冷え込んでるってことなんでしょうか?

流れる自分の血を撮る?

カメラマンが自分の流れる血を撮るっていうと、戦場カメラマンが流れ弾で負傷して、落としたカメラに自分が写るというまさに逆タリーな感じもしますが、自分の場合は、健康管理の情報番組で、大学の研究所にお邪魔した時の話です。

『ドロドロ血』というのご存知でしょうか?

コレステロールやら何やらの問題で、血管が詰まる原因にもなるらしいドロドロした血なんですけど、その取材にリポーターと行きまして、女性リポーターの採血した血を検査装置にかけてみた所、スイスイ流れまして「ドロドロ血だったらどうしようぉ~」なんて怯えていた顔がすっかり晴れ晴れした表情になったんですね。

ここでディレクターが、ドロドロした血が撮れないと・・・と、自分も採血して臨んだわけです。徹夜続きで、食事時間も不規則だからドロドロじゃないかな?なんて言っていた割には、スイスイ流れちゃうんです。

意外とこの男、タバコは吸わないは偏食は無いはで、バランスの取れた食生活であることも判明しちゃうんです。

おいおい、という所で、自分の出番になり採血してみると、これが見事なドロドロ血という訳で、撮れてよかったのか悪かったのか?

検査装置の血管に見立てたスリットに絡まる血液内の塊を撮影しながら「そんな所で止まるなよぉ」と、自分の食べず嫌いを恨むのでした。

混雑前の混雑

ホビーショー始まる!

静岡の主要産業であるプラモデルの見本市です。

その一般公開が土日で行われるとあって、会場おお賑わいです。

今回はタレントさんが作ったプラモデルも出展されるとあって、いつも以上に賑わっているとか!

会場に行くまでが、渋滞で一仕事。到着したら到着したで、人ごみの中で仕事です。

不景気やインフルエンザの影響で、大型レジャーよりもプラモが好まれる昨今なのかも知れませんね ^^

それにしてもこの人ごみじゃ、インフルエンザも心配になるって!

そんな逆タリーな一日でした。

   
会場までの混雑