どっちが面白く(興味深く)なりそうか???

番組で絵の腕前をみる事になりまして、元水泳選手と現役の芸人さんに絵を描いてもらうことになったのですが、さて何を書くか?

水泳選手ということもあって、トビウオなんてどうだろうか? 富士山のトビウオとして有名だった水泳選手もいたし、いいかな?とは思ったものの、面白い感じにはなりそうもない!第一、普通の人ってあまりトビウオを見たことがない。

となって、実際に書いたのは今流行りだと言われている『ネコ』

元水泳選手は無難な猫を描き、芸人さんは狂気じみたおどろおどろしいネコの顔を書いたのでした。

飛び魚じゃ『こう』ならなかったかもね? 番組を回す人にもよると思うけど。

番組自体は『お魚咥えたドラネコ。追っかけて♪』ぐらいネコVS魚の勝負が付いていて、面白い感じになりましたとさ。

街ぶら!!

港町をブラブラと散策し、店先の干物を見つけて紹介すると、その場で炙ってパクリ。
味は『おいしいっ』
こんな上手い干物が食べられるなんて!

そんな情報番組を見たから知り合いのリポーターに感想をメールしてみた。
ぼく『昨日の放送見たよ!本当に美味しそうな顔するね。干物が食べたくなりました』
返信『めちゃくちゃ美味しかったですよ!あそこにしか売ってないんじゃないかな?店のスタッフさんも本当に素敵な方たちばかりなので、是非お出かけ下さい!おススメです』

ぼく『あれはその場で焼いてくれるの?それとも放送用に特別に焼いてもらったの?そのあたりがちょっとわからなかった』
返信『放送用だと思うんですが、多分焼いてくれるかも…すいません。未確認です。(ⅴдV)』

  そういう所だぞ!制作スタッフ。演者に恥じかかせるな。
いくらぶら旅でも、そういう所はきっちりやらないとダメな所。
  テレビではこうだったのに!と、誇大広告になっちゃう危険性あり!

差し入れがやって来た!!

番組収録も1日スタジオという箱の中で行われると、天気もわからず、外の景色が見えないために時間の感覚さえも狂いがちです。
食事の時間も、もうこんな時間かっ!とか言いながらだし、お腹が空くことが無ければ、三食まとめて食べる感じになることもあります。
そんな場面に、おやつの差し入れがありまして、
真美ちゃんの差し入れ

甘いチョコで少し気分がリフレッシュしました。こういう一時リセットするって大事だなぁと思いました。

真美ちゃんの差し入れ

映像と原稿!!

映像に合った原稿を書くのか?原稿にあった映像を撮るのか?
どちらでも構わないとは思いますが、映像と原稿が合ってない場合に問題があるかと思います。

取材に出かける前に、取材資料を目にして大まかな想像をして、大体の原稿を考え、現場に到着して修正が入る感じかも知れません。そうなると、大まかな想像をするイメージの引き出しが多いことと、原稿を思い描けるコメントや筋書きの豊富さが求められます。

原稿を書く時の参考にするといいかも→http://www.ctv.co.jp/newsctv/index_loc.html?id=207730

原稿もついてるし、映像も見ることが出来るし、一石二鳥だわ♪

原稿を書けるようになると、何がいいのか? 

必要な絵を撮るようになるから、無駄撮りが無くなるし、その話題(イベント)が、ネタとして使えるかどうかの判断が出来るようになるね。