著者アーカイブ 松太郎

投稿者:松太郎

山形に


朝6時15分、東京駅から山形県酒田市にむかい旅の人となりました。

旅の道ずれは浪曲師、女流浪曲の師匠二人、前座の男性、
三味線、キョクシ女性の師匠です。

5名での旅ですが、道中はこれといった話も無く、酒田につきました。

この旅が、男の芸人同士のたびならば、面白いことだらけの珍道中になるのですが、
女の師匠がた、三人では、話が無いのです。

帰りの電車は新潟周りで、新幹線、長い長い、旅でした。

投稿者:松太郎

お寺では


十一時半から、私の講演が始まりました。

最初はたわいも無い世間話から、女わ強いの落語に入り、
おばあさま、奥方様にはバカ受けでした。

落語が終わり、紙きりに、ここで何かご注文は?とたずねたらば、
ご婦人の方が、サット手を上げられて、
ここのお寺のご住職様の似顔絵を作ってくださいとの事。

かしこまりましたと、制作に取り掛かりました。

できばえは、お客様が「ああ」と「えええ」の声だけ。
その後に拍手、スンバらしく、よく出来ておりました。

あのくらい喜んでもらうと、気持ちよく舞台を下りられます。

投稿者:松太郎

旅の準備


明日から、渡さ周りが始まります、初日が裾野市のお寺さんの仕事です、

ここのお寺様は、昨年お邪魔したのですが、今年も呼んでくださって
本当にありがとうございます。

ここが終わったら、車で三島新幹線で東京の仕事、あくる日が
山形県、酒田市、ここは、初めていくところです。

この場所は、浪曲の玉川福太郎師匠の故郷です。

この後、東京、一日休みがあって、千葉のテレビ生放送が終わったら、
東京泊まりで朝の飛行機で九州長崎市で開催をしている
「ハーレーダビットソン長崎祭り」に出演です。

この日は長崎泊まりであくる日が飛行機で名古屋入り、
新幹線で静岡に6時から独演会、久しぶりのロングの旅になります。