富士の秋/最終章

2008年11月14日 | 富士山, 自然 | 2 件のコメント |

11月半ばになり富士山は駆け足で冬に向かう。

標高1600m、2合目にあたる高鉢駐車場のすぐ脇では懸命に生きている命を見ることが出来た。

車で紅葉を楽しむ人間と違い、葉を落とした植物は冬将軍に備え、虫や動物たちも厳しい自然と共に
「限りある命」を必死で繋いでいる。




ブックマーク(お気に入り)登録はこちら⇒

「富士の秋/最終章」に2 件のコメント

  1. そら(^^) さんのコメント: 2008年12月25日 01:20

    fujichan、こんばんは~♪

    富士の晩秋ですね。。。

    秋の風物。。枯れ葉、木のテーブル&いす、木々など・・

    それぞれの顔。。どれも哀愁漂ってますよね。

    もうそろそろ冬だなぁーと思い、最後に雪の富士山・・・

    うーん。。。にくい演出ですね(^^)

    ⇒このコメントに返信

  2. fujichan さんのコメント: 2008年12月25日 01:52

    そら(^^)さんんこんばんは!

    実物で見るとコケが生えている様子はとてもきれいでした。

    人間はぬくぬくとした所でいられますが、ここに棲んでいる動植物たちは必死で生きているんです。

    それで少し見せづらい思ったのですが、敢えて鹿の糞を入れました。

    今度は動物そのものが写せるように頑張ります!

    ⇒このコメントに返信

コメントをどうぞ!


«The Mt. Fuji Archives Vol.1|The Mt. Fuji Archives Vol.2»

このページの先頭へ

BBFujiロゴ RSS コメントRSS
  • 背景を変える
    変わらない時はF5キー
  • カテゴリー

  • エントリー

    • blogram投票ボタン 人気ブログランキング
  • Translator


  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • おすすめコーナー

  • 作品募集のお知らせ

  • アーカイブ

  • Community parts

    blog-lanking

  • タグクラウド