見立ては、まだまだ続く!!

さて一息ついた所で『見立て』の説明を続けましょう!

今までは
赤い髪の人』・・・『クラスに色をつける役目』『発火』
パソコン』・・・『電脳』『ハイパー』『先導役
軽いステップ』・・・『いろいろなことに顔を出す』『身軽な立場
大きな背中』・・・『お父さん的な存在』
メガネ』・・・『お洒落』『ファッションリーダー
積み重ね』・・・『苦労人

などと、その人の『ナリ』を表現しつつ、クラスでの立場というか『ポジション』も織り交ぜながら映像にしてきました。

まだ3人います。大丈夫ですか?役割分担は割り当てられるのでしょうか?

小動物系の可愛らしさを持つ『茶町さん』と、いつもイヤホンをしていて、音楽から離れられない生活をしている『藍沢君』に、『ロックバンドのヴォーカル』白田君です。

撮影場所は学校。どこで何を撮影すればいいのか?
それが問題です。

茶町さんを撮影したのは『屋上』です。
『屋上』には何があるか?
落下防止用のフェンスがありました。好都合にも『金網』です。
これを『ケージ』に見立てます。『小動物』ですから。
クラスの中の立場的には『カゴの鳥』的な感じにします。
網越しに高い所から世間を見ているという意味ではピッタリの場所ではないでしょうか?
最終的に網に引っ掛けた指にカメラを振り込むと、おもむろにピースサインで意志の強さも表現します。

藍沢君は『』を強調しようと考えました。
どういう映像でいきましょうか?
『耳打ち』です。うわさを聞きまくります。
そして、耳がいいということから想像して、リズム感があるだろうと踏んだ所でダンスを撮ると、これがまた器用にこなすのでした。
結果的に『情報に踊らされる』キャラクターとして『お調子者』の映像が出来ました。

ロックバンドのボーカルである『白田君』も、ピアスで飾られた『耳』だったり『リズム』でもいいんですが、もっと素敵に彼を装飾するには『』が必要だと思いました。

『光』をステージ上の『スポットライト』に見立てますが、同じ様に刑務所の『サーチライト』にも見立て、ロックバンドっぽいアウトロー感を演出します。クラス内の立場的にも異色な感じが漂います。
スポットライトは赤や緑や青などの色が入り、彼は顔をさらしますが、サーチライトは単なる光で、彼は顔を背け、逃げ出します。

これで全員分の紹介が終わりました。

観察と興味によって分析と見立ての工夫がされて、すべて違う演出方法で出来上がりです。

アイドルも悪くないなゞと思える歳になってきた!!

『見立て』について説明の途中で、VTRの編集もまだ終わっていませんが、昨日久しぶりに編集室を抜けてスタジオに入ったら、音楽番組のゲストで地元出身のアーティスト『チャイルド エッグ』のお二人さんがいて『チャッグ、チャッグ』言ってました。何でも『チャイルド エッグ』を略すと『チャッグ』となり、言葉のはしはしに付けるのが今、ブームなのだとか?
ストリートライヴも、がんばって毎週定期的にこなしているということですから、応援したいなぁとは思うものの『がんばれチャッグ!』とか言えないなぁという表情でいました。

チャイルドエッグ

そんな所を、音楽番組担当ディレクターの女性に見られまして、どう繕えばいいものかと思って口から出た言葉が、
『この前ゲストで来たFeamのポスターとCD、反応どう?』でした。
元気いっぱいで明るく楽しい彼女たちも応援しようと、あの時も思っていたものですから、新曲『未来の作り方』の振り付けも覚えようかと思ったくらいです!覚えてませんけどね。(大体、あんなに高く足が上がりませんから)
『大反響で全部はけました』だそうです。

無くなってしまったということは、それだけ人気があっていいことなのですが、少し惜しい気もせっかく応援する気持ちになっていたのにね!

そんな気落ちしていた所に今回紹介するアイドルは『Berryz工房』だお!と情報が入ってきました。
しかもタイトルが『私の未来のだんな様』だって、ちょっと胸キュンじゃん?
PV(プロモーションビデオ)見せてもらったけど、滅茶苦茶可愛くてね。
持ってかれました。
気づいたら『いいチャッグね!』ってチャイルド エッグにも感染してたから、来年のライヴに顔出しちゃうかも?

ライヴ告知

見立て講習!!

昨日の続きです!
皆さんはどのような見立てをされたでしょうか?

耳にピアス。レザーファッションで髪の毛をく染めた赤松さんは?もちろん『』がポイントです。
そこでどんな映像を撮影したのか?というと、白黒から色をつけた方がインパクトが強いだろうという判断で、信号のを使いたい所、グッと抑えて横断歩道のゼブラゾーンから振り上げて主人公を歩かせ、画面もモノクロから色付きに変化させ、完全に色付きになる前にの信号を撮りきり、画面いっぱいに見せます。
映像の中に、彼女自身のポジションが、クラスの中でやけに目立つその髪の色から『色をつける役目』であることを、それとなく盛り込みます。
その後、教室内で赤い髪の毛のパン(横にカメラを振る撮影)、耳のピアスなどのアップを撮影して、最終的にの中に顔を映りこませて本人の紹介としました。赤い髪の毛が非現実に見えたので、その想いを『鏡の中で本人を紹介すること』で表現しようと考えたのです。

パソコン

いつもパソコンをいぢっている青島君はどうしましょう?キーワードは?赤松さんが赤い髪で『赤』連想するのが『血』であったり『STOPの信号』であったりするのに対して、青島君は『電脳』『ハイパー』といった所でしょうか。
パソコンを扱う指先の速さを撮影したり、目の中にパソコンの画面を映したりした挙句、本人をパソコンの画面上で映し出して、紹介の映像としました。

体が細い華奢な女の子緑川さんの注目すべき所は?
頭をひねって最終的に何をさせたかといえば、スキップです。
彼女の体の細さを『身軽さ』『軽いステップ』『弾む様子』で表現しようと考えました。
彼女をスキップに見立てたのです。
スキップして教室に入るなり、近くにいた友人とハイタッチさせてリズム感も出し、ボーイッシュ的な所もアピールします。

体がクラスで一番大きい黄原君。落ち着きがあり頼れるとなれば?連想するのは『お父さん』です。
彼を『お父さん』に見立てます。
そこでどんな撮影をしたのかといえば。背中を画面いっぱいに撮影して強調し、後追いで席に着くシーンを撮りました。最終的にどっしり落ち着いて腰を据えた所で本人の紹介です。

毎回お洒落な服を着てくる桃平さんは、伊達メガネで何をアピールしているのか?
注目すべきは??
ファッションです。つまり彼女は、このチームのファッションリーダーとして見せてやることが出来る!そう思ったので撮影はファッションのアップ。アップ。アップ。です。厚底の靴。ニーハイソックス。幅広ベルト。細く切れ込んだウエスト。強調された胸元。首を細く見せる襟元。流行の口紅。遠慮がちなピアス。そして伊達メガネの目元で本人の紹介です。
どこまで細かくファッションに気づくかが問題かも知れません。

頑張り屋の黒木君はどう見立てましょうか?
頑張り屋をどう表現するか?『がんばる』ということは『どういうこと』か?
そこで思いついたのが『積み重ね』です。
黒木君は顔が見えないほどに積み重ねられたファイルを持って、渡り廊下や階段を歩きます。
その脇をすり抜けて他の生徒が先を急ぎますが、彼はファイルを落とさないように歩きます。
やっと目的地に着き、ファイルを置いてホッと一息!でも安心したとたんにファイルは崩れてしまう?
気を抜くな!という意味合いも込めて、こんな見立てにしてみました。

引き続き、小柄で小動物のような茶町さんを考えてみましょう!
いつもイヤホンをしていて、音楽から離れられない生活を送っている藍沢君は?
白田君は『ロックバンドのヴォーカル』で『ライヴ活動』がキーポイントです。

さてどんな撮影をすればいいのか???