4:3だったり、最近では16:9だったりするのですが、カメラの撮影できる範囲がビューファー(ビューファインダー)を覗かなくても判断できるようになると、カメラマンも次々と絵が撮れるので、面白くてたまりません!  これは、 […]