5年半ぶり7枚目のアルバムなんだって!!

拝郷メイコ(http://www.haigoumeiko.net/)さん。メイちゃんが番組にゲスト出演!以前はレギュラーだったんだけど、アーティストに専念するようになってからは、リリースタイミングじゃないと来てくれないのかっ!!! その辺りどうなのかよくわからないのですが、頑張っている姿は応援したくなりますね!

突っ込みどころ!!

歌収録の時、ドリーと言ってスタンダードカメラや足(三脚)つきのハンディカメラを移動させながら撮影すると、曲に乗ってる感じがして印象に残ると思うのですが、ズームをしたりフォーカスを追いかけなければならないので、結構大変なのです。

スローな曲の時はゆったりとした動きになるし、テンポの速い曲の場合は突っ込みながらズームインをするなど、激しさを増します。

ポップな曲の時、カメラを突っ込むと演者さんが意識して覗き込んでくれることもあり、親近感というか距離感の密度がグッとあがるのですが、突っ込まないと気づいてもらえないこともあるし、突っ込み過ぎると他のカメラが『絵が撮れない』結果になります。突っ込んでも曲に合わせながらすぐに場所を離れたり、他のカメラが絵を工夫して照明から振り込むとか広いサイズを工夫して切り替えが利くように絵を作る必要があります。

結局はお互いの信頼関係なのですが、そんな時が、チームワークの呼吸を感じる一幕でした。

そこを違和感無くつなげるか???

 映像を編集していて、広い絵とアップの絵を交互につないでいくことが多いのですが、この絵とこの絵はつながるだろうか?と思い悩むことがあります。テンポを考えると別の絵をはさみたくない!だけど、違和感があるとダメな編集のほうが気になってしまい、主題が伝わらない。

 腕のいい編集マンは、その絵がつながるのか?つながらないのか??などを考えないで、尺を調整したりそこまでの絵のつながりを調整するなどして、そこをつなげるための工夫をします。

 文章を書く時にも『ソロアイドルの場合、4~5年が限界という話を聴いたので、そちらを参考にしました。とのことですが、現実はそうかも知れませんが物語って奴は、作り手の表現したいことが伝わるかどうかが問題で、そのためにその事実(アイドルは4~5年が限界)を、違和感無く使えるか(そこを違和感無く進行できるか)どうかが問題だと思います』や『もしもコーヒー代の600円だけ小銭をポケットに入れると、歩くたびにチャリチャリと音がしてしまいます。それと、大人である主人公は、ちょうどよりも多めに持っている方が安心できる気がしました』というのも、休みの日だけは子供の頃のように、必要な分の小銭を握りしめて買い物に出かけたいなどと書くとかして、さもそれが当然だ!的な工夫を考えて、どうすれば話が印象的になるのかを考えるほうが腕があるような気がする。