4Kカメラ!!

ホワイトがやたらシビア。少しでも白の取り方を間違えると、色の再現性がまるっきり変わってくる。
ところがそれを逆に利用して、少し青めに鳴るように白を取ると、空や海の色がとてもきれいに再現できる。
カメラ単体のホワイトバランスの癖を早めに理解したほうがいいかも知れません。

焼津 荒まつり!!

2018081307120000

2018081312530001

2018081312530000

2018081307500000

2018081307490000

2018081307130002

2018081307130001

2018081307130000

2018/ 8/13 7:12

2018081307120001

クレーンカメラが大活躍。朝3時から集合してセッティングするのです。
夏とはいえ現場は真っ暗です。

ディレクターとプロデューサー!!

ディレクターっていうのは作る作品に責任を持って魂を入れる人。
カメラマンには『映像に責任を持つ』音声さんには『音にこだわりを持つ』などの役割分担があります。
プロデューサーとなるとどのあたりに責任を持てばいいのか?
作品を作るにあたって総合的に責任を持つ人だと言えるかな?

仲間内でよく言う言葉に『金で済むんでしょ』っていうのがあるのですが、これは『何でも金で解決できるじゃん』というドンファン的なことではなく、プロデューサー的な立場をもじった口癖で、ある時こんなことがありました。

カメラマンが撮影中、背後にある花瓶に気づかず落として割ってしまいました。この場合、カメラアシスタントがいれば、なぜフォローしなかったんだ!とカメラマンに怒られることになります。割ったのはカメラマンなのですが、その撮影手助けをするためにいるアシスタントが職務怠慢で怒られるのですが、こんな時にプロデューサーがいてくれると、金で済むことなんじゃないの?とは言わないまでも、こう言います『俺があとで何とかするから、撮影に集中してくれ』

つまるところ、おれが責任を持つから作品に全力を注いでくれ!ってことなんだそうです。

このD(ディレクター)とP(プロデューサー)はどっちが偉いとは無く、対等であるほうがいいとは思います。それはカメラマンにしても音声さん、照明さんにしてもそうで、その人がいなければ作品が成り立たないからなのですが、

 内部組織で構成される場合、ディレクターとプロデューサーが対等でない時があります。先輩がP,後輩社員がDと言う関係で、しかも大きな組織の場合、先輩の指示で後輩が動く構図になっているので、振り回される害虫カメラマン音声マンはどっちの指示で動けばいいのか判断がつかず大変なのです。

トレーナー大集合!!

 イベントの中継があるというので現地集合させてもらったのですが、時間前にすでにすごい人数が集まっていて

2018080410210000

もう始まっているのか?時間を間違えたか?と一瞬あせったものの、こんなにスタッフが多いはずもなく、

2018080410240000

皆さんポケモンのトレーナーさんだったようです。