トレーナー大集合!!

 イベントの中継があるというので現地集合させてもらったのですが、時間前にすでにすごい人数が集まっていて

2018080410210000

もう始まっているのか?時間を間違えたか?と一瞬あせったものの、こんなにスタッフが多いはずもなく、

2018080410240000

皆さんポケモンのトレーナーさんだったようです。

記者会見のカメラポジション (暗黙の了解)

野球のカメラポジションは、前列が選手が飛び込んで来たとしても被害が少ないであろうと思われる一脚を使用するパチカメ。後列が、安定感のある三本足を使うテレビカメラ。と説明しましたが、では記者会見の時はどうなのか?

立ち位置となる『バミリ』のある会見席がボード前にあって、その前にパチカメが座りそのパチカメ集団の後ろに記者席があって、ペン取材団がイスに座っていて、その後方にテレビカメラの列が並ぶ。こんな光景よく見ませんか?

なぜテレビカメラが一番後方でパチカメが記者の前なのか?

これはフラッシュの関係なのです。

パチカメはフラッシュを使うので、そのフラッシュの有効距離にいないといけません。
テレビカメラはフラッシュを使う必要が無いので、後方に三脚を立てます。

野球取材のカメラポジション (暗黙の了解)

野球の取材で1,3塁側にカメラマン席があり、前後二段になっている場合がある。
前部は低く後部が高い位置にカメラが置けるようになっていて、低い位置にはスチールカメラ。高い位置にはテレビカメラが入るようになっている。

前にパチカメで後ろがムービーというのは、暗黙の了解というか、基本的にカメラマン席として用意されているので、テレビカメラが前に行ってもいいような気がするのですが、前で三脚を立てると『ファーストのファールフライで、アウトしました。捕球した選手がとった後にカメラマン席に入り、なんかバッターはアウトになりました』などの場合、しっかりとした三脚は危険で、パチカメさんは一脚の足を使っている場合が多いんですね。
一脚であれば選手が飛び込んで来ても割りと柔軟に一緒に倒れこむなどの対応が利いて、大きな怪我が無いように思います。

テレビが前に出ちゃダメなの?ってこの前中継でカメラをセッティングしていた時に、他局のカメラマンに聞かれたんだけど、保険とか補償に自信があるのなら前で撮りゃいいじゃん!って思いました。

一応、前がパチカメさんらしいですよ♪って、やさしく言っておきました。

201805040938000

画像加工!!

最近はデジタル処理が可能なので、
『余りにも綺麗すぎるということです。苦労されて撮影されていると思いますが、これ、こんな色をしてないのでは?と思うのです。 早い話、写真加工をしているようです。 最近はデジタルカメラで撮っているので、デジタル加工のRAW現像が簡単にソフトを使えば修正可能なんですね。
 彩度、明るさ、コントラスト、ガンマ、等なんでも調整できてしまうわけで、極端な例、映りこんだ電柱も消すこともできるしまいます。 写真加工をするなとは言いませんが、極端な加工は違和感を感じますね』という意見が出るほど、

 思うに、そのアングルで風景を切り取っている時点で、作品としてみられるのかな?と思います。
 
 後々加工するしないも含めて、それがいいと感じて『納得』して『プライド』を持って自分の作品としているか?が問題なのかな?と思いました。