野球取材のカメラポジション (暗黙の了解)

野球の取材で1,3塁側にカメラマン席があり、前後二段になっている場合がある。
前部は低く後部が高い位置にカメラが置けるようになっていて、低い位置にはスチールカメラ。高い位置にはテレビカメラが入るようになっている。

前にパチカメで後ろがムービーというのは、暗黙の了解というか、基本的にカメラマン席として用意されているので、テレビカメラが前に行ってもいいような気がするのですが、前で三脚を立てると『ファーストのファールフライで、アウトしました。捕球した選手がとった後にカメラマン席に入り、なんかバッターはアウトになりました』などの場合、しっかりとした三脚は危険で、パチカメさんは一脚の足を使っている場合が多いんですね。
一脚であれば選手が飛び込んで来ても割りと柔軟に一緒に倒れこむなどの対応が利いて、大きな怪我が無いように思います。

テレビが前に出ちゃダメなの?ってこの前中継でカメラをセッティングしていた時に、他局のカメラマンに聞かれたんだけど、保険とか補償に自信があるのなら前で撮りゃいいじゃん!って思いました。

一応、前がパチカメさんらしいですよ♪って、やさしく言っておきました。

201805040938000

興味の無いしぐさ!!

リポーターがその現場に行って、その場の担当者を招いて一押しの商品を紹介する時に、
やはりリポーターは覗き込むようにして、興味深いしぐさでいてもらわないと、
テレビテレビ、って思いますよね。

では、、担当の○○さんから紹介してもらいましょう!って言ったきり、手持ち無沙汰のようにとなりでポカァ~ン
としていては、映像的にもその場の雰囲気においても興醒めです。

リポーターとして『ほほ~』とか言いながら、カメラの邪魔になるぐらい食いついてくれないと、ビジネス感半端無いです。

芋畑

ふるさとへの土産は何にする?? (あげまん)

沼津市西沢田にある『あまの(http://www.amano.to/)』さんの

『あげまん』おススメです。

外側のカリカリ感と中身のしっとり感が絶妙です!

何度もテレビで取り上げられていて、

この日も大盛況でした。

正月を迎えるにあたって縁起よさそうだもんね!