スイーツテーマパーク!!『ニコエ』

天気が雨でも頭上に青空が広がっています。
これ、バス停なんですけど、オシャレでしょ。
ニコエ

静岡の浜北に、うなぎパイで有名な春華堂さんがスイーツテーマパークをオープンされたのが2014年の7月20日。

そのデザイン性の高さに度肝を抜かれる。

『ニコエ』http://www.nicoe.jp/

自分でオリジナルスィーツが作れるワークショップもおススメです。

記者会見のカメラポジション (暗黙の了解)

野球のカメラポジションは、前列が選手が飛び込んで来たとしても被害が少ないであろうと思われる一脚を使用するパチカメ。後列が、安定感のある三本足を使うテレビカメラ。と説明しましたが、では記者会見の時はどうなのか?

立ち位置となる『バミリ』のある会見席がボード前にあって、その前にパチカメが座りそのパチカメ集団の後ろに記者席があって、ペン取材団がイスに座っていて、その後方にテレビカメラの列が並ぶ。こんな光景よく見ませんか?

なぜテレビカメラが一番後方でパチカメが記者の前なのか?

これはフラッシュの関係なのです。

パチカメはフラッシュを使うので、そのフラッシュの有効距離にいないといけません。
テレビカメラはフラッシュを使う必要が無いので、後方に三脚を立てます。

動画どうですか!! 天浜線♪

春の天浜線だそうです。静岡西部地区のカメラマンの作品です。いかがでしょうか?
https://www.youtube.com/watch?v=d_aU2UNP6uI&feature=share
天浜線は、天竜浜名湖鉄道
https://www.tenhama.co.jp/
という静岡西部のローカル鉄道です。

こめヂカラ!! フォトショップ!??

フォトショップと言っても写真スタジオでのことなんですけどね。
そのショップの紹介をするためにスタッフさんにインタビューをしたんです。
子供の日に向けてイベントがあるそうなんですよ。

リポーター『子供を撮る時に目線が来ない。どうすればいいのか?』
ゲストさん『年齢によってあやし方が違う』
リポーター『やっぱりプロに任せるべきですね』
ゲストさん『必ず目線はもらいます』

的な流れでした。

これでもいいんですが、

やはり枕詞として、子供の日とか記念日とか、記念に残すとか、があって、だからこそプロにいい写真を撮ってもらいたいという気分にさせるというか、問題を提起するというか、意識を目覚めさせるというかの工夫か必要かと思った次第です。