演出講習して来ました!!

今日はここで、先日の講習内容をおさらいしておきましょう!

クリエーターはどんな進歩をしていくのか?
まず最初は、どうすれば自分のアイディアが表現できるだろうか?と悩み、その細工に試行錯誤します。
次に自分のアイディアを表現できるようになると、なぜ他の人には『それ』が伝わらないのだろうと悩みます。
さらに自分の思いが伝わる作品が出来ても、次に、どうして興味を持ってもらえないのか?と頭を抱えることになります。

では、映像で何かを表現する時に大事なのは?

まずは、よく観察する
次に、観察するだけでなく興味を持つ
そして『見立て』などの発想をして、メッセージを込めることではないでしょうか?

このメッセージの込め方も、一方的な思いを入れると、独りよがりな作品になったり、身内受け・内輪受けとなる危険性があります。
それでも最初のうちは、小難しいことを考えているよりも作品を作ったほうが訓練になります。
失敗しながら『なぜ表現できないのか?』『なぜ伝わらないのか?』『なぜ目を引かないのか?』を考えましょう!

見立て』についての説明!
どんな『発想』で『見立て』を行うのか?
生徒たちのプロフィールビデオを考えてみました。

赤松さんは『髪の毛を真っ赤に染めた女の子』です。耳にはピアス。レザーファッションで身を包みます。
青島君は『パソコン・オタク』で、いつも見かける度にパソコンのキーを弾いています。
緑川さんは『体の細い、華奢な女の子』です。ヘアスタイルも短くボーイッシュな感じです。
黄原君は『体ががっしりとしていて落ち着きがあり、頼れる感じ』です。
桃平さんは『毎回お洒落な服を着てくる、伊達メガネの似合う女の子』です。
黒木君は『とても頑張り屋で、毎回授業が終わっても残って復習』しています。
茶町さんは『小柄で小動物のよう』にマイペースで動き回ります。
藍沢君は『いつもイヤホンをしていて、音楽から離れられない生活』を送っている。
白田君は『ロックバンドのヴォーカルでライヴ活動』をしています。

 以上が『観察』をし『興味』を持って導き出した情報だとすると、ここからどんな『見立て』が出来るでしょう?

 続く! 果たしてこの人数分、違う演出が出来るのでしょうか????

素人さんは真ん中がお好き??!!

最近は女性もカメラマンをやりたいという方増えているようですね。

以前は結構重たかったカメラも、最近では小型で軽くなったように思います。
それでも今使わせてもらっているハイビジョンのカメラは、バッテリーとレンズを含めて10キロぐらいあるんですけどね。

アシスタントでも女の子が増えてきて『私カメラやりたいんです』とのこと。
撮影中の熱い視線を感じるので『惚れてまうやろ~♪ 』とお笑いをパクリながら言おうと思うのですが、あんたを見てるわけじゃないよ!と反感を買いそうな緊張感?が現場に漂っています。

ちょっと撮ってみて!とカメラを渡すと、何とか肩に担ぎ『人物のワンショット』『グループショット』などを狙うのですが、どうもすべてが画面の真ん中に集中してしまうような感じです。
naomi
よりも、↓これくらいかな?と思うのですがいかがでしょうか?
naomi2

上の構図は余分な所が多過ぎるし、画面に上手く配置されていないですよね。
せっかく与えられた世界ですから広く隅々まで使わないと、もったいないです。

そういえば昨日コントのナンバーワンを決めるテレビ番組やってましたが、うちの奥さんがそれを見ていて
『ああ、だめね、この人たち』と言うので『何で?』と理由を聞くと『舞台を広く使ってないから』ですって、『時間も場所も与えられた環境を有効に使う』というのがいいのかも?知れませんね。

プロモーションビデオの影響か???

最近の動画作品は映像が始まると同時にBGMが流れ、その音楽に合わせて風景が変わっていくように出来てませんか?
まるで音楽(BGM)のために映像があるような感じの作品です。

音と映像の関係について皆さんはどう考えていますか?
音に負けない絵(映像)があればいいのでしょうが、基本的に音の方が影響力があるのではないでしょうか?
なぜなら映像は画面という枠内でのみ有効で、ハイビジョンへの移行で映像がきれいになり引き込む力が上がっても、広がりを持つ音のアピール空間に比べたら狭い範囲と考えられるからです。
つまり『映像は中へ!音は外へ!!』ということになり、この二つがバランスよくミックスされているとお互いが印象に残る結果となるのではないでしょうか?

画面にシンクロ(一致)した音を考えてみます。
アナウンサーがニュースを読んでいる時、口の動きとコメントが食い違っていると違和感がありますよね。いっこく堂さんの遅れて伝わる?腹話術とか一昔前の衛星中継のような感じです。音楽番組なんかも、自分の好きなアーティストが熱唱していれば集中して見ちゃいますが、これも口の動きと音が違えばどうでしょう?
このような『リップ・シンクロ』の他に、小鳥の鳴き声や風の音、川の流れや波の音など、風景に一致した音を考えて、作品を仕上げるといいのではないでしょうか?

プロモーションビデオでは、Michael Jacksonさんの『Thriller』が有名ですが、音楽ビデオであるにもかかわらずドラマ性が強く、映像も音楽も印象的でした。特にMichael Jacksonさんはダンスが有名ですから、音楽だけでは伝わらない自分の『売り』を、ビデオをうまく使ってプロモーションしたんでしょうね!

本日のBGM:

親ガメンの背中に子ガメン載せて~♪

ソニーのHDV・・・HVR-S270J『270J(ニーナナマルジェイ)』と呼ばれているカメラです。
ビューファーの上に載っている液晶画面が結構便利で、アングルの確認、大まかな色の確認、くるりと回転させてリポーターに見せるモニター用、リポーターの化粧直し用モニター??になど、大活躍です。

ビューファーの上に液晶画面

オートフォーカスも決まり方が早く、気持ちいいぐらいなんです。
さすが、It’s SONY.

親亀こけたら、皆こけた~♪何てことにならないように、機材の取り扱いは注意しましょうね!

本日のランチ:時間が無かったので『すき家』で御馳走になりました♪

本日のBGM:

便利な液晶画面

基礎知識~やってはいけない撮影~

撮影をする時、こんなカメラワークに気をつけましょう!

パン(カメラを振る撮影)しながらのズーム操作
パンをしながらのズーム操作というと、普通は振り込んで『目標物』が見えた所でズームをします。
こういうカメラワークはよくあるんです!これは位置関係や注目度アップのために『効果的なパンをしながらのズーム』なのですが、そういう基本を知らないと、カメラを振りながら『目標物にズームしなきゃ』という頭があるもんだから『目標物が画面に入る前』にズームしちゃう人がいるんです。これ基本的に駄目ですから、『どういう所にある(ここ!)』という風に見せる操作でお願いします。

解説ビデオ

止めの無いパン(カメラを振る撮影)とズーム操作
基本的にはカメラを振ったりズームを使った場合は、一動作ごとに一拍の止めが必要です。
撮影を開始してすぐにカメラを振ったり、動かした後、すぐに撮影を止めてしまうと『どこからどこまで』移動したのか印象に残りません。

解説ビデオ

ながら撮影(撮影しながら画面の中で次の絵を探す撮影)
常にカメラがフラフラしている印象しか残らず、『ここぞ!』という映像が残りません。
思いきりよく絵を切り取りましょう!自信無さげなズームやパンは、目的地を探しながら運転しているのと同じです。外から見ていて、あまり気持ちのいいものではありません。