コマーシャルの質!??

情報番組やコマーシャルの作りは、情報を発信したい企業やクライアント(宣伝主)側の意思と、番組としての制作側の思いに『少なからず』ギャップがあることが多いようです。

所詮TVマンはTVマンで、マスコミとしての『広報活動』止まりで、営業なんてしたことないし、TV局の営業なんて基本的には広告代理店がメインで動いてくれているようなもんですし、売っている物が『CM枠』という実態のわかり辛いものですから、実商品を『売る』感覚が判っていないのかも知れません。

企業側からしてみれば『さっさと商品を見せて欲しいのに』、番組進行役が『今日ご紹介するのは、暮らしに大変役立つ商品です。私も使っているんですが、使えば使うほどに便利だなぁと思うんですよね』などと、前置きが長かったり、商品以外の紹介コメントが多かったりで、番組制作側からしてみれば『じらし作戦』的なことかも知れませんが、その『じらし』が二重三重と『やけにくどい』場合も、コメントを噛み砕くと見えてくる時があります。

こんなことを言うのも、先日、ある企業の営業担当さんが『これどう思います?』と、放送原稿を見せてくれたことに端を発する訳でして、そこには回りくどく商品を紹介する内容が書いてあったのです。

3分の枠で、まずリポーターを紹介。リポーターが以前どんなことをやっていて、今どうなっているのかを見せて、どんな悩みがあるのかをハッキリとさせ、商品が出てくるまで30秒以上。商品の説明が始まるのですが、その商品の一番の特徴が出てくるまでまたしばらくあるのです。
『これじゃ商品を売りたいのか、リポーターを売りたいのか判らんね』という結論に達したのです。

3分の商品紹介となれば制作側にしてみれば『CMなのか番組なのか』ハッキリしない所?なのかも知れませんが、商品を売りたい方からしてみれば、とにかく商品を前面に!という気持ちでいっぱいなんでしょうね。制作費払ってるんですから。

選挙事務所にて!!

 選挙当日は、万歳を撮影するべく各事務所に出掛けます。
 何人もいる候補者全ての事務所に行くわけにはいかないので、注目候補の事務所に行く事になります。

 選挙事務所の人によっては、マスコミが来ると当選確実的に思う人がいるようですが、きっと間違いです。

 さて、取材班が現場に到着すると何をするのか?

 勿論。場所取りをして機材のセッティングです。ここで忘れちゃいけないのが『脚立』です。
 事務所に詰め掛けた皆さんは、いざ万歳の時になると当たり前のように全員立ち上がりますから、三脚を目いっぱい伸ばして『脚立』を足場に構えるか、三脚に載ってカメラを担ぐなどして挙げた手を越す工夫をしないとなりません。

 その前に自分は、選挙ポスターで『立候補者の顔を確認』します。
 選挙事務所にはそれらしい人がイッパイ来ているので、選挙ポスターの顔を穴が開くほど見て覚えます!

 基本的に立候補者は、当落が確定してから事務所に来るようですが、その時でも、すぐにどの人が立候補者なのか確認できるようにしておきます。

 これが『シグナルは現場にあり!』という極意?で、それに気付くかどうかでカメラワークが楽に行える一つの目安になるのではないでしょうか!
 どの人が候補者か判らずにカメラを振るのと、事前に誰を撮影するべきなのか判っている状態とでは、余裕が違ってくるというものです。

 撮影現場にはこれと同じ様に、あちらこちらに『シグナル』が散らばっていますから、カメラマンは撮影の前によく現場を観察することをオススメします。

 どうしても現場に到着すると撮影することだけで頭が一杯になってしまい、カメラにだけに集中しがちですが、そんなカメラマンは自分の中では落選です。

 万歳無しよ!

JAL問題!!

現在のJALの経営側が、退職者に企業年金の減額を求めた説明会を開いたようですが、日本の年金制度の行く末がそのまま、ここに見られるのではないか?と思うような出来事だと思いました。

そのうち日本政府も、年金5割削減しまぁす♪なんて言ったりしてね?

JALは飛行機だけに、火の車ということなんでしょうか?