カメラマンが気づくシグナル!!

カメラマンとして取材に出たのであれば、その現場を隅々まで把握している必要がある。
三つ先を見ながら撮影しなければならないし、撮り逃しが無いように次はどこにポジションを取るべきか?
撮影が邪魔にならないためにも先読みは必要で、そのために、現場のシグナルは見逃さないようにしなければならない。

台風中継!!

各局の台風報道で一般の人が携帯のカメラで撮影したと思われる映像が、かなりの数出てくる。
カメラの普及はすごいなぁと思うし、よくそれを撮ろうと思うなぁとSNS慣れなのかな?自分から情報を発信することに慣れているのかも?と思った次第です。

やはりその現場に立ちあっている訳だから迫力がすごい!

まさにその時を撮っているから、さすがの報道カメラマンも一般携帯カメラマンに一本取られる感じです。

だけど、
周りを見ることが出来るかどうか?が違う所だと思う。

一般のカメラマンは写っている所だけに集中してしまいがちだと思うのですが、プロカメラマンは自分を含めら周りが見えているはずなので、危険度が違う。

迫力がある映像はいいけど、早く逃げたほうがいいんじゃないだろうか?と心配にもなるね。
番組のほうは喜んで使うとは思うけど。 そのバランスは難しい所かも知れませんね。

まぼろしの黄金分割!!

ドローンの撮影も多くなり、今までに見たことのないような影像で楽しめる昨今ですが、それだけに撮り方をあまり考えなくなってしまったかな?

という感じです。

ドローンの映像なんかどう撮っても目新しい感じだから、三脚つけて撮る時にどのくらいの割合で何を入れて6:4の分割で6割分の意味合いを強くしよう!などと考えなくなってしまうのかな?と思うわけであります。

たとえば、山の神社に向かうシーン。ドローンを使って石段を上ることなく山門を抜けます。

これが足対固定の映像となると、まず石段を画面いっぱいに見せてから、カメラを振り上げて『この石段を上っていくと山門』風に山門がある参道を見せます。

そんな風にすると、編集で石段を上る足音と見せかけて木魚を打つ音を入れて、物語を演出できそうだななんて先のことを考えながら撮影を楽しめるのですが、もう撮るだけを楽しむ時代なのかも知れませんね。

皆さんお持ちの携帯電話にもカメラ機能が当たり前のように付いていて、縦で撮ろうか?横にして撮ろうか?両方撮っておけばいいじゃん!と言うときありますね。

視界を考えれば横のほうが見やすい感じなのですが、携帯の使い勝手的には縦のほうがシックリきたりと、人それぞれですね。

人それぞれで総カメラマン時代だからこそ、逆にこだわりを持って黄金分割を意識してみるのもいいかも?