大道芸がやって来た!!

今年も静岡で大道芸ワールドカップが始まりました。
すでに事前取材が始まり、パフォーマーさんのどこをピックアップするのか?

カメラマンの腕の見せ所です。

特に動きの無い彫刻のようなパフォーマンスでは、何枚も絵を重ねることによってそのパフォーマンスの魅力を伝えなければなりません。
顔のアップ手元のアップだけでは間が持ちません。

そして最終日には7時間の生放送。頑張ります!

通常スピードが速く見える!!

編集をする時にスロースピード再生の映像を効果的に使うと、通常スピードが少し早めの再生スピードに見える感じを与えられます。

短い時間でつないでいくのですが、通常スピードの映像も動きの無い映像を使うよりは動きがある映像を使うと、スロー画像の動きと見比べられて、早く感じられるのかも知れません。

チェンジオブペース的な効果なのかな?と思いました。