マニフェストがリンク切れ!

前衆院選のマニフェストを再チェックしようと昨年夏にアップしたページを見た。
すると自民党だけがリンク切れとなっているのだ!これが何を意味するのか考えていただきたい。

現在は民主党政権となり、大きな公約のいくつかが果たせないでいる。
国会で自民党が民主党の足元をすくおうとしているのは、野党として仕方ないと思うが、公約のリンクを削除(又は移動=未確認)するとは何事か!と憤る。
たとえ実現できなくても公約(マニフェスト)は公開しておくのが責任ある政党と思うが、今の自民党には責任感は無いと思われても当然だ。

隠蔽(いんぺい)体質を持つ組織は、粗(あら)が出にくくても発展する事はないと断じたい。

 

次期衆院選の政党マニフェスト

来る8月30日投票の次期衆院選で各政党はマニフェストを発表している。

中でも熾烈な戦いが予想されている民主党と自民党のマニフェストの比較は重要だ。

選挙でのメディアの影響力は非常に大きなものであるが、小泉元首相の「郵政民営化選挙」がなんだったのか?投票権を持つ国民はしっかりと検証する必要がある。

争点をメディア任せにせず、自らが判断する目を鍛えておくことが、自分の暮らしを守る事につながっている事をもっと自覚すべきだと思う。

折角の参政権を無駄にしない為にも、投票しない事には始まらない。
たかが一票されど一票。ちりも積もれば日本が変わる?!大事な選挙なのだから。