富士山の日

今日は静岡県が制定した『富士山の日』です。

県は、県民が富士山について学び、考え、想いを寄せ、富士山憲章の理念に基づき、後世に引き継ぐことを期する日として、2月23日を「富士山の日」とする条例を制定しました。(平成21年12月25日静岡県条例第72号)

以下はその内容です。

静岡県富士山の日条例

(目的)
第1条 県民が、世界に誇るべき国民の財産であり、豊かな恵みをもたらしている富士山について理解と関心を深め、富士山を愛する多くの人々とともに、富士山憲章(平成10年11月18日に静岡県と山梨県とが共同して制定したものをいう。)の理念に基づき、富士山を後世に引き継ぐことを期する日として、富士山の日を設ける。

(富士山の日)
第2条 富士山の日は、2月23日とする。

(県の責務)
第3条 県は、富士山の日の趣旨にかんがみ、富士山を後世に引き継ぐための県民運動の促進に努めるものとする。

「“ふじのくに”建国宣言」の要旨

 “ふじのくに”の柱は富士山である。我々は“ふじのくに”づくりへの決意を以下のように表明する。それらはいずれも富士山から導き出されたものである。
 一、富士山の「富」は物の豊かさを意味する。物心ともに豊かな「富士の民」「士民」として、「富国有徳」をもって“ふじのくに”づくりの理念とする。

 一、富士山は地球46億年の造山活動の傑作であり、比類のない自然景観を持つ。その景観から導き出される価値は「美」であり、生活環境においても自然環境においても美しさを重んじる「美の文化・文明」をつくりあげる。

 一、富士山は誰が、いつ、どこから仰いでも最高峰である。誰にとっても、それは理想や目標のシンボルになり得る。許容する富士の姿はまことに「多様性の和」である。「和」を貴び、「和の文化・文明」を築く。

 一、富士山は活火山であり、人間にそれを制御する力はない。自然に対して畏敬の念と謙虚な態度を持って、危機管理を最優先し、防災の先進地となる。

 一、富士山は春夏秋冬で表情を変える。大地の表情に合わせて季節感を取り戻し、大地の恵みを大切にする。

 一、富士山は「富士」のほか「不二」「不死」とも表される。人間のみならず、全ての存在をかけがえのないものとして大切にし、命を寿(ことほ)ぎ、寿命を全うできるように、心を砕く。

 “ふじのくに”づくりの決意のもとに、物心ともに豊かな富国有徳の社会を目指し、「和」を貴んで世界の平和づくりに参加し、「美」を重んじて地球環境の美化に貢献することを誓う。
 白雪を冠した霊峰を仰ぎ見ることのできる今日の佳(よ)き日、富士山のごとき日本一高い志をもって、「住んでよし訪れてよし」「生んでよし育ててよし」「学んでよし働いてよし」の理想郷を目指し、ここに“ふじのくに”づくりのスタートを宣言する。

「美しい富士山を未来へつなぐ会」の「富士山を未来へ引き継いでいくことへの決意表明」

 私たちが仰ぎ見る富士山は、その圧倒的な存在感から、古(いにしえ)より人々に「心のふるさと」として親しまれるとともに、多様な信仰の場として崇拝され、また、創造的な優れた芸術作品を生む源泉として、尊ばれてまいりました。
 私たちは、富士山の世界文化遺産登録に賛同し、富士山憲章の理念の下、自らが担い手となって、この美しい富士山を世界に誇る日本のシンボルとして、未来へ引き継いでいくことを決意し、本日から国民運動として展開してまいります。

富士山憲章

富士山は、その雄大さ、気高さにより、古くから人々に深い感銘を与え、「心のふるさと」として親しまれ、愛されてきた山です。

富士山は、多様な自然の豊かさとともに、原生林をはじめ貴重な動植物の分布など、学術的にも高い価値を持っています。

富士山は、私たちにとって、美しい景観や豊富な地下水などの恵みをもたらしています。この恵みは、特色ある地域社会を形成し、潤いに満ちた文化を育んできました。

しかし、自然に対する過度の利用や社会経済活動などの人々の営みは、富士山の自然環境に様々な影響を及ぼしています。富士山の貴重な自然は、一度壊れると復元することは非常に困難です。

富士山は、自然、景観、歴史・文化のどれひとつをとっても、人間社会を写し出す鏡であり、富士山と人との共生は、私たちの最も重要な課題です。

私たちは、今を生きる人々だけでなく、未来の子供たちのため、その自然環境の保全に取り組んでいきます。

今こそ、私たちは、富士山を愛する多くの人々の思いを結集し、保護と適正な利用のもとに、富士山を国民の財産として、世界に誇る日本のシンボルとして、後世に引き継いでいくことを決意します。
よって、静岡・山梨両県は、ここに富士山憲章を定めます。

1 富士山の自然を学び、親しみ、豊かな恵みに感謝しよう。

1 富士山の美しい自然を大切に守り、豊かな文化を育もう。

1 富士山の自然環境への負荷を減らし、人との共生を図ろう。

1 富士山の環境保全のために、一人ひとりが積極的に行動しよう。

1 富士山の自然、景観、歴史・文化を後世に末長く継承しよう。

平成10年11月18日

静岡県 山梨県

憲章が定められていなくても、富士山の恵みを受けている私たちは、後世にその大切さを受け継いでいきたいものです。

今日は富士山の日

今日は2月23日。そう、富士山の日です。単純な語呂合わせですが、『世界に誇るべき国民の財産で、豊かな恵みをもたらしている富士山への理解と関心を県民が深め、富士山憲章の理念に基づいて、後世に引き継ぐことを期する日として制定』(静岡新聞より)されました。
富士山のお勧めライブカメラの今朝の様子をご紹介します。

三ツ峠(2010年2月23日6:40)
三ツ峠(6:40)
河口湖(2010年2月23日6:30)
河口湖(6:30)
七面山(2010年2月23日6:30)
七面山(6:30)
忍野八海(2010年2月23日6:20)
忍野八海(6:20)
※画像の転載は各ライブカメラにリンクする必要があります。

今日は富士山にまたがる静岡県と山梨県では様々なイベントが予定されています。

静岡県のイベント:アットエス
山梨県のイベント:富士山ネット