WordPressの優位性Vol.2

以前書いた「WordPressの優位性」の記事で、WordpressがSEO的にどれだけ優れているか書きました。

あれから半年以上過ぎましたので、その効果を示すデータをお知らせします。

※結果はgoogleでヒット件数10万件以上のものを抜粋、数字をクリックで現在の順位が分かります。

検索フレーズ 検索エンジン
google yahoo being
co com fuji 1位/36,400,000件 1位/82,500件 100位以下
富士山コーナー 1位/3,010,000件 3位/5,250,000件 9位/334,000件
切り絵 携帯 1位/1,380,000件 100位以下 100位以下
Contact Form 7 コメント 2位/359,000件 6位/1,340,000件 100位以下
数学 錬金術 2位/253,000 1位/68,700 100位以下
wordpress 優位性 1位/234,000 1位/235,000 100位以下

こうしてみますと、検索フレーズ「co com fuji」ではGoogleで狙い通りの成果を得られています。
また、大手検索エンジンの中でも日本語検索利用率が高いYahooでの健闘が光ります。
これに対し、beingではまるで歯が立っていません。(@_@;)
違う検索フレーズでは異なる結果が出るのでしょうが、どうやらWordpressは記事に日本語を多く使った場合、Beingの検索エンジンでアルファベットをターゲットするには向いていないようです。

検索エンジンの国内での利用率は、現在の所Yahooが最も多くおよそ6割、Googleが3割弱、Beingは2%で、残りをInfoseekを筆頭に分け合っている事を考えると、YahooとGoogleを征すれば良いので、国内ではBeingは度外視してもよさそうです。

自分のブログが検索フレーズで何位くらいにあるのかは、「Only one」を貼れば1日~3日で結果を表示してくれます。

WordPressの優位性

このブログは、全て無料のWord Press(ワードプレス、以下WP)で動いています。

私がホームページを作り始めたのは約2年半前で、その時はホームページビルダーでチマチマHTMLを書いていました。

ネット検索で画面上で入力していくだけでページが出来上がるMovableType(ムーバブルタイプ、以下MT)を知り、少しずつ構築していましたが、デザインの知識が殆どなかったので、そのままテーマデザインが使えそうなブログシステムを探したところありました。それがWPなんです。

WPのデザインは本当に豊富で、どうやって作るんだろう?というかっこいいものも数多くあります。(下の画像をクリックで本サイトに飛びます。)

Kulturbanause

Julia Kröner

日本ではMTの方がシェアがありますが、アメリカやヨーロッパではWPの方が主流となっています。結局アクセシビリティーやSEO的にも優位で、完全無料かつテーマデザインが豊富なWPを選択しました。

以下にWPとMTの主な相違点をまとめてみました。(MTOS=MTオープンソース)

相違点 WP MTOS MT4個人版 MT4商用版
料金 無料 無料 無料 有料
商用利用 X
個人利用
投稿者数の制限 無制限 無制限 無制限 投稿者数に応じて
追加料金が必要
再配布の可否 X X
サポート フォーラムや
ユーザーコミュニティ
ユーザーコミュニティ シックス・アパート社から シックス・アパート社から
機能 有志により
随時拡張
基本機能のみ 基本機能+α 基本機能+α

 
ここでWPのSEO効果の一例を挙げてみます。
メインサイト地域情報ネット/ブロードバンド富士は「地域情報ネット」で検索すると、

Yahooでヒット件数374,000,000件(約3億7千4百万)の内3位
Googleでヒット件数20,200,000件(約2千万)の内8位
Beingでヒット件数17,300,000件(約1千7百万)の内8位

2009年8月21日現在

 
関連サイトのビデオカムバイブルは「video cam」で検索すると、

Yahooでヒット件数438,000,000件(約4億3千8百万)の内1位
Googleでヒット件数45,600,000件(約4千5百万)の内8位
Beingでヒット件数293,000,000件(約2億9千3百万)の内3位

2009年8月21日現在

メタキーワードやタグの使い方など、工夫しなければならないことはたくさんありますが、億を越える検索ヒット数で10位以内にはビックリです。