♪わかるでしょう

わかるでしょう?

あなたが人の痛みを知るならば

綺麗な花の裏側に

悲しみも抱えていることが
 

わかるでしょう?

あなたが友の顔を見ていれば

閉ざした口から出てこない

虚ろな言葉のその訳が
 

どうして?なぜ?と聞かないで

答えはあなたが知っている…はず

窓辺に置いたその花が

光求めて咲くように

あなたの指先待っている…から
 

この空の向うには

星たちがまたたいて

言葉交わしているように

心で会話ができたなら。。。mmmmmm
 

(間奏)
 

わかるでしょう?

あなたが希望を持つならば

曇った空の向こう側に

日差しが溢れていることも
 

わかるでしょう?

わたしが希望を持つならば

空にむかってささやいた

言葉があなたに届くのが。。。
 
わかるでしょう?mmmmmmm

このひと時を

懲りもせずにまた詩を書いてみました。⇒前回の作品「風を感じて」
背景の写真と音楽付きの動画は後日に仕上げます。
(ん~、詩が少し重いから、具体的にボーカル付きの歌にした方がいいのかなぁ?)

『このひと時を』

二度と帰らない時を 手繰(たぐ)ってみても

闇の中から 何も見えてはこない

寒さに震える心

だけどこのひと時を生きてみるの

 
陽だまりの中で 手をかざしてみれば

流れてる 紅い温もり感じて

解けていく心

だから今日一日を生きてみるの

 
川の流れ側(そば)にして 羽ばたく鳥たちよ
どこから来たの (はるか白い彼方から)

向かう場所はとっくに 決まっているのね

傷ついた心癒すため 色づく鼓動

(間奏一章節)

切れては繋がる雲のように
巡り逢う運命の絆

だからこのひと時を生きてみるの
だから今日一日を生きてみるの

(間奏一章節)

だから明日一日を生きてみるわ