ガソリン携行缶にご注意!

東日本大震災以降、防災グッズが瞬く間に品切れとなり、防災の為の備蓄ならずとも関連商品が品薄で、日常生活に支障をきたしているのは周知の事実です。

発災から2ヵ月が経とうとしている現在、小さなサイズのミネラルウォーターやレトルト食品はようやく落ち着いてきましたが、単一電池は未だに店頭に並んでいません。

ガソリン携行缶私は間もなく東北に取材を兼ねたボランティア活動に参加しようとしていますが、渋滞への備えや自家発電に使用するためのガゾリン携行缶も未だに品薄で、手に入れられていません。

多くの人がガソリン携行缶を入手していると思いますが、使用に当たっての注意点をお知らせしておきます。

以降は様々なサイトから入手した情報をまとめたものです。

ガソリン携行缶を単なる保管場所と思うなかれ
  • 長期保存後にフタを緩めた瞬間に、一気に噴き出して止まらない事がある。
    ⇒フタを開ける前に気圧調整ネジを緩めて置く(当然、扱う時には火気厳禁です。)
  • 静電気の放電対策(アース)を行う
  • 古いガソリンは酸化してパワーと燃費も落ち、エンジンに良くない。
  • 携行缶は特別な場合を除いて車の中には放置しない事。(特にトランク内)
  • セルフスタンドで利用客がガソリンを容器への詰め替えは認められていない。

保存の仕方と使用可能期間の目安
(※あくまでも目安です。気温や湿度、内容量によって異なります。)
保存方法 使用可能期間
そのまま保存 約2ヶ月
劣化防止剤を使用 約1年
完全密封 約3年

以下は消防法

消防法令により、ガソリン等を入れる容器として認められている容器で貯蔵する場合でも、合計40リットル以上のガソリン又は合計200リットル以上の軽油を貯蔵することは、次のとおり建物の大幅な改修が必要となる場合が多い。

  • 合計40リットル以上200リットル未満のガソリン又は合計200リットル以上1,000リットル未満の軽油を貯蔵する場合は、市町村の火災予防条例により、貯蔵場所の壁、柱、床及び天井が不燃材料であることなど、構造等の要件が当該条例の基準に適合している旨の書類を添えて、あらかじめ消防機関に届け出なければならない。
  • 合計200リットル以上のガソリン又は合計1,000リットル以上の軽油を貯蔵する場合は、消防法令により貯蔵場所の壁、柱及び床を耐火構造とするなど、一定の構造等の基準に適合したものでなければ、市町村長等の許可はされない。

【罰則】無許可貯蔵(消防法第10条第1項違反) 
1年以下の懲役又は100万円以下の罰金。 (法人の場合は3000万円以下の罰金)

※ガソリンは一般人が簡単入手できる危険物の中で、最も危険な物の一つです。

皆さんもこのことを肝に銘じておきましょう!

防災お役立ちリンクのご案内

防災に役立つサイトをまとめてみました。順次追加します。最新のリンク集はこちら
※リンク先は予告なく変更・削除される場合があります。リンク切れを報告

防災対策ガイド更に細かく記事を見る。
このサイトの最新記事 ※読み込みエラーは⇒更新して下さい。

  • 防災対策ガイド リンク集/リンクについて 2007年2月6日
    【 リンクカテゴリー 】 ◆ 防災関連リンク集1 ◆ 防災関連リンク集2 ◆ お役立ちリンク集 ————————— …
  • 振込みが出来ない場合 2007年1月25日
    地震の後始末などに追われたり、突然の出費などで振り込みが期日までにできなくなった場合、どうなるのでしょうか。実は、あれこれ減免措置が講じられます。慌て …
  • 焼失したお札や金券類など 2007年1月25日
    ▼ お金 被災にあって、燃えたり、傷んだりしたお札は一般の金融機関でも新しいお札と引き換えてもらえます。高熱で溶けた貨幣も同様です。 引き換え基準は以 …

計画停電の前に準備したいこと更に細かく記事を見る。
このサイトの最新記事 ※読み込みエラーは⇒更新して下さい。

Error: Feed has an error or is not valid

東北地方太平洋沖地震で東電が『輪番停電』実施へ

東北地方太平洋沖地震で東京電力が窮地に陥っている。

福島第一原発(写真は共同)
発災後、水力・原子力などを含めた発電所の自動停止号基数は10基にのぼり、12日午後3時36分ごろ福島第1原発1号機で爆発が起きる等、予断を許さない状況が続いている。

福島第1原発1号機では、爆発とその復旧作業中に社員ら4人が怪我をした。また、この爆発や震災による放射能漏れも懸念される事から、福島第一原子力発電所は半径20km以内、また第二原子力発電所の半径10km以内の地域住民に対して避難指示が国より出された。(3月12日19時30分現在)

電力の供給量も不足する事が予測されており、東電圏内の利用者に節電を呼びかけている。⇒これは便利!計画停電早見表へ

(※以下は日刊工業新聞より)
東京電力は12日、藤本孝副社長電力流通副本部長が記者会見し、13日以降(※その後14日以降に変更)に地域ごとに1日3時間、電気の供給を止める「輪番停電」をする公算が大きいと発表した。

12日夕方にも実施するかを決定する。輪番停電となれば、工場などの生産活動にも制限が生じ、産業界への影響は計り知れない。

地震の影響で各発電所が停止し、想定される電気の利用量に対して、供給力が足りない可能性が高い。

東電は輪番停電によって需要を減らして需給のバランスを取り、大規模停電を防ぐ考え。

12日の電気の需要想定はピークの18時から19時に3800万キロワットに対し、供給力は3700万キロワットにとどまり、一部で停電する可能性があるという。

13日以降はさらに需給がひっ迫しそう。ピーク需要は13日で3800万キロワット、平日となる14日以降は4100万キロワットだが、13日以降の供給力は夜間の余剰電力を使って水をくみ上げ昼間に発電する揚水水力発電が使えなくなる影響で、3100万キロワットに減る見込み。

12日10時現在で、東電の発電所は福島第一、福島第二の両原子力発電所をはじめ、火力は10プラント、水力は5発電所が停止中。修復が最も早いと見られる火力でも、復旧までには「半分ぐらい立ち上がるのに1週間。残りは1カ月かかる」(藤本副社長)見通しで、供給力の回復は長期化しそうだ。
 東電では供給不足の懸念を受けて、不要な照明や電気機器の使用を控えるよう呼びかけている。

その後の情報でこの『輪番停電』は一週間以上続く見通しとなった。
 
輪番停電のグループ分けは以下の通り。
実施時間の情報は最新のものを確認する必要があります。
東京電力ホームページ 実際に停電している箇所⇒同、停電情報
各グループにジャンプ
【第1グループ】【第2グループ】【第3グループ】【第4グループ】【第5グループ】

 【第1グループ】

▼栃木県さくら市、宇都宮市、益子町、塩谷町、市貝町、真岡市、大田原市、那珂川町、那須烏山市、那須町、日光市、芳賀町

▼群馬県みどり市、伊勢崎市、吉岡町、玉村町、桐生市、高崎市、高山村、渋川市、榛東村、前橋市、中之条町、東吾妻町、藤岡市

▼茨城県かすみがうら市、つくばみらい市、つくば市、阿見町、稲敷市、下妻市、河内町、牛久市、境町、茎崎市、結城市、桜川市、取手市、守谷市、常総市、水海道市、筑西市、土浦市、八千代町、板東市、利根町、龍ヶ崎市

▼埼玉県さいたま市、ときがわ町、ふじみ野市、横瀬町、皆野町、寄居町、狭山市、坂戸市、三芳町、志木市、所沢市、小鹿野町、小川町、新座市、川越市、秩父市、朝霞市、鶴ヶ島市、東大和市、東秩父村、入間市、飯能市、富士見市、嵐山町、和光市

▼千葉県野田市、流山市、柏市、白井市、松戸市、我孫子市、市川市、浦安市、千葉市、大網白里町、八街市、東金市、山武市、長南町、市原市、長柄町、睦沢町、茂原市、木更津市、白子町、袖ヶ浦市、君津市、富津市、鋸南町、南房総市、鴨川市、館山市、勝浦市、大多喜町、御宿町、いすみ市、船橋市、鎌ヶ谷市、八千代市、四街道市、佐倉市

▼東京都武蔵野市、三鷹市、西東京市、東久留米市、新座市、小平市、東村山市、清瀬市

▼神奈川県逗子市、横須賀市、鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、相模原市、座間市、海老名市、綾瀬市、平塚市、寒川町、厚木市

▼静岡県御殿場市、裾野市、小山町

 【第2グループ】

▼栃木県佐野市、小山市、野木町

▼群馬県太田市

▼茨城県古河市

▼埼玉県川口市、さいたま市、蕨市、鳩ヶ谷市、戸田市、越谷市、吉川市、松伏町、三郷市、春日部市、宮代町、杉戸町、川越市、狭山市、鶴ヶ島市、日高市、飯能市、入間市、坂戸市、川島町、毛呂山町、越生町、ときがわ町、騎西町、幸手市、大利根町、白岡町、北本町、蓮田市、伊奈町、鴻巣市、桶川市、上尾市、加須市、久喜市、五霞町、行田市、熊谷市、羽生市、深谷市、所沢市

▼千葉県千葉市花見川区・美浜区・中央区・稲毛区・若葉区、習志野市、八千代市、印西市、我孫子市、白井市、栄町、成田市、神崎町、香取市、多古町、芝山町、佐倉市、市川市、松戸市、船橋市、野田市、流山市

▼東京都東村山市、清瀬市、東大和市、国分寺市、府中市、小金井市、八王子市、国立市、小平市、西東京市、武蔵野市、三鷹市、調布市、立川市、昭島市、武蔵村山市、多摩ニュータウン、町田市、狛江市、多摩市、日野市、稲城市

▼神奈川県横浜市鶴見区・港北区・南区・保土ヶ谷区・戸塚区・神奈川区・瀬谷区、厚木市、海老名市、座間市、伊勢原市、茅ヶ崎市、寒川町、二宮町、平塚市、大磯町、秦野市、中井町、大和市、相模原市、川崎市多摩区・高津区

▼山梨県笛吹市、市川三郷町、甲府市、中央市、鰍沢町、増穂町、韮崎市、

▼静岡県熱海市、長泉町、清水町、沼津市、御殿場市、裾野市、三島市

 【第3グループ】

▼栃木県宇都宮市、鹿沼市、小山市、栃木市

▼群馬県太田市

▼茨城県水戸市、ひたちなか市、常陸大宮市、常陸太田市、那珂市、土浦市、つくば市、かすみがうら市、牛久市、龍ヶ崎市、稲敷市

▼埼玉県さいたま市、春日部市、朝霞市、和光市、志木市、新座市、富士見市、越谷市、川口市、戸田市、蕨市、幸手市、蓮田市、上尾市、桶川市、深谷市、本庄市、伊勢崎市、熊谷市、行田市

▼千葉県成田市、富里市、佐倉市、八街市

▼東京都八王子市、日野市、東村山市、清瀬市

 【第4グループ】

▼栃木県栃木市、佐野市、足利市、板倉町、明和町

▼群馬県館林市、邑楽町、千代田町、伊勢崎市、桐生市、みどり市、太田市、大泉町

▼茨城県水戸市、那珂市、ひたちなか市、大洗町、城里町、笠間市、桜川市、石岡市、茨城町、小美玉町

▼埼玉県本庄市、熊谷市、長瀞町、皆野町、秩父市、嵐山町、横瀬町、寄居町、深谷市、神川町、小川町、鳩山町、東秩父村、ときがわ町、毛呂山町、越生町、飯能市、入間市、坂戸市、日高市、東松山市、滑川町、吉見町、川越市、鶴ヶ島市、川島町、狭山市、桶川市、富士見市、さいたま市、新座市、朝霞市、和光市、ふじみ野市、戸田市、蕨市、川口市、上尾市、久喜市、北本市、加須市、鴻巣市、蓮田市、伊奈町、白岡町、幸手市、宮代町、春日部市、杉戸町、松伏町

▼千葉県習志野市、船橋市、千葉市

▼東京都荒川区、立川市、昭島市、国立市、日野市

▼神奈川県川崎市、横浜市

▼山梨県甲府市、甲斐市、中央市、笛吹市、市川三郷町、昭和町、南アルプス市、山梨市、甲州市

 【第5グループ】

▼栃木県宇都宮市、矢板市、さくら市、芳賀町、市貝町、真岡市、益子町

▼群馬県前橋市、高崎市、安中市、富岡市、藤岡市、神流町、神川町、下仁田町、南牧村、臼田町、草津町、中之条町、嬬恋村、長野原町、美九里、玉村町、甘楽町、上野村

▼茨城県石岡市、小美玉市、茨城町、鉾田市、行方市、潮来市、神栖市、鹿嶋市、かすみがうら市、土浦市、稲敷市、牛堀町、佐原市、香取市、波崎町

▼埼玉県川口市、越谷市、三郷市、草加市、八潮市、熊谷市、行田市、鴻巣市、本庄市、上里町、深谷市、美里町、神川町

▼千葉県流山市、野田市、柏市、我孫子市、鎌ヶ谷市、白井市、松戸市、香取市、神崎町、多古町、東庄町、銚子市、旭市

▼東京都町田市

▼神奈川県横浜市、川崎市、相模原市、鎌倉市、横須賀市、三浦市、葉山町、逗子市、大和市

▼山梨県甲州市、山梨市、笛吹市、大月市、都留市、西桂町、富士吉田市、富士河口湖町、鳴沢村、忍野村、山中湖村

▼静岡県富士宮市、富士市、沼津市、函南町、三島市、伊豆の国市、熱海市、伊豆市、伊東市、東伊豆町、西伊豆町、南伊豆町、松崎町、河津町、下田市

 ※注意
 〈1〉市町村名は、東京電力の営業エリアに基づくもので、行政上の区域とは異なることもある。
 〈2〉実施地域は、上記各市町村の一部地域。

乾電池式の蛍光灯ランタン←乾電池式の蛍光灯ランタン

昨夜は私が住んでいる富士宮市も15時間以上に渡り停電し、アウトドア用品やストックしていたインスタントラーメンが役立った。

インスタントラーメン(塩味)
(フラッシュがない携帯カメラで撮影)

電気がないと、仕事はおろか生活自体がこんなにも不便なものかと痛感し、電気なしでも使える原始的な暖房や照明器具の必要性を認識させられた。

被災地の方々の一刻も早い救済と、ライフラインを初めとする生活資源の復興をお祈りします。