縦書きの文章の書き方

wordpressでの縦書きの文章の書き方です。

 ここに横幅400px、高さ350px、フォントサイズ16で縦書きにしたいテキストを書く

1. 初めに、使用しているテーマのheader.phpに次のスクリプトを記述します。

2. 次に書きたい文章を投稿します。

例)<div class="lp-vertical lp-width-400 lp-height-350 lp-font-size-16">
 ここに横幅400px、高さ350px、フォントサイズ16で縦書きにしたいテキストを書く</div>

すると、書いた文章がなんと縦書きで表示されます。(一旦横書きの文章が表示されます。)
※以上参照:WordPress 記事の文章を縦書きにする

この他に⇒『htmlだけで縦書きを書く方法』もあります。

WordPressの優位性Vol.2

以前書いた「WordPressの優位性」の記事で、WordpressがSEO的にどれだけ優れているか書きました。

あれから半年以上過ぎましたので、その効果を示すデータをお知らせします。

※結果はgoogleでヒット件数10万件以上のものを抜粋、数字をクリックで現在の順位が分かります。

検索フレーズ 検索エンジン
google yahoo being
co com fuji 1位/36,400,000件 1位/82,500件 100位以下
富士山コーナー 1位/3,010,000件 3位/5,250,000件 9位/334,000件
切り絵 携帯 1位/1,380,000件 100位以下 100位以下
Contact Form 7 コメント 2位/359,000件 6位/1,340,000件 100位以下
数学 錬金術 2位/253,000 1位/68,700 100位以下
wordpress 優位性 1位/234,000 1位/235,000 100位以下

こうしてみますと、検索フレーズ「co com fuji」ではGoogleで狙い通りの成果を得られています。
また、大手検索エンジンの中でも日本語検索利用率が高いYahooでの健闘が光ります。
これに対し、beingではまるで歯が立っていません。(@_@;)
違う検索フレーズでは異なる結果が出るのでしょうが、どうやらWordpressは記事に日本語を多く使った場合、Beingの検索エンジンでアルファベットをターゲットするには向いていないようです。

検索エンジンの国内での利用率は、現在の所Yahooが最も多くおよそ6割、Googleが3割弱、Beingは2%で、残りをInfoseekを筆頭に分け合っている事を考えると、YahooとGoogleを征すれば良いので、国内ではBeingは度外視してもよさそうです。

自分のブログが検索フレーズで何位くらいにあるのかは、「Only one」を貼れば1日~3日で結果を表示してくれます。