冨田勲さん死去

作曲家でシンセサイザーアーティストの冨田勲さんが5月5日に亡くなっていた。享年84歳。死因は慢性心不全。病院で家族に看取られながら息を引き取ったという。

 冨田さんがシンセサイザー奏者ということは子供のころから知っていたが、その功績はあまりにも大きい。
NHKの大河ドラマの第1作や手塚治虫アニメの音楽など、非常に多くの作品を手掛けた。

また、「月の光」や「惑星」などのアルバムでは、日本人で初めて米グラミー賞にノミネートされるなど、世界的な評価を受けている。

 近年では、2012年にバーチャル・シンガーの初音ミクをソリストに組み込んだ「イーハトーヴ交響曲」を発表し、国内外で上演を重ね話題となった。また、今年11月に上演予定の新作「ドクター・コッペリウス」の創作活動を逝去の直前まで行うなど、その創作意欲は衰えを見せていなかっただけに訃報が悔やまれる。改めてお悔やみ申し上げます。