ガソリン携行缶にご注意!

2011年4月30日 | 目指せ!防災の達人, 知っ得情報 | 4 件のコメント |

東日本大震災以降、防災グッズが瞬く間に品切れとなり、防災の為の備蓄ならずとも関連商品が品薄で、日常生活に支障をきたしているのは周知の事実です。

発災から2ヵ月が経とうとしている現在、小さなサイズのミネラルウォーターやレトルト食品はようやく落ち着いてきましたが、単一電池は未だに店頭に並んでいません。

ガソリン携行缶私は間もなく東北に取材を兼ねたボランティア活動に参加しようとしていますが、渋滞への備えや自家発電に使用するためのガゾリン携行缶も未だに品薄で、手に入れられていません。

多くの人がガソリン携行缶を入手していると思いますが、使用に当たっての注意点をお知らせしておきます。

以降は様々なサイトから入手した情報をまとめたものです。

ガソリン携行缶を単なる保管場所と思うなかれ
  • 長期保存後にフタを緩めた瞬間に、一気に噴き出して止まらない事がある。
    ⇒フタを開ける前に気圧調整ネジを緩めて置く(当然、扱う時には火気厳禁です。)
  • 静電気の放電対策(アース)を行う
  • 古いガソリンは酸化してパワーと燃費も落ち、エンジンに良くない。
  • 携行缶は特別な場合を除いて車の中には放置しない事。(特にトランク内)
  • セルフスタンドで利用客がガソリンを容器への詰め替えは認められていない。

保存の仕方と使用可能期間の目安
(※あくまでも目安です。気温や湿度、内容量によって異なります。)
保存方法 使用可能期間
そのまま保存 約2ヶ月
劣化防止剤を使用 約1年
完全密封 約3年

以下は消防法

消防法令により、ガソリン等を入れる容器として認められている容器で貯蔵する場合でも、合計40リットル以上のガソリン又は合計200リットル以上の軽油を貯蔵することは、次のとおり建物の大幅な改修が必要となる場合が多い。

  • 合計40リットル以上200リットル未満のガソリン又は合計200リットル以上1,000リットル未満の軽油を貯蔵する場合は、市町村の火災予防条例により、貯蔵場所の壁、柱、床及び天井が不燃材料であることなど、構造等の要件が当該条例の基準に適合している旨の書類を添えて、あらかじめ消防機関に届け出なければならない。
  • 合計200リットル以上のガソリン又は合計1,000リットル以上の軽油を貯蔵する場合は、消防法令により貯蔵場所の壁、柱及び床を耐火構造とするなど、一定の構造等の基準に適合したものでなければ、市町村長等の許可はされない。

【罰則】無許可貯蔵(消防法第10条第1項違反) 
1年以下の懲役又は100万円以下の罰金。 (法人の場合は3000万円以下の罰金)

※ガソリンは一般人が簡単入手できる危険物の中で、最も危険な物の一つです。

皆さんもこのことを肝に銘じておきましょう!



タグ: , , ,

ブックマーク(お気に入り)登録はこちら⇒

人も自然の一部 放鳥トキの子育てライブ映像

「ガソリン携行缶にご注意!」に4 件のコメント

  1. もも さんのコメント: 2011年5月7日 05:57

    おはようございます♪
    また、そういうところから、事故が起きませんように。
    二次災害、三次災害、、、こわいです。

    ⇒このコメントに返信

    fujichan からの返信: 2011年5月7日 18:31

    ももさん、いつもありがとうございます。

    そうなんですよ。事故が起きないか心配で記事にしました。
    防災グッズを予め用意しておくという事は大変いいことですが、何でも一気に揃えてしまうと取り扱い方が疎(おろそ)かになってしまいがちです。

    自分だけ火傷や怪我などの被害を受けるのは自業自得とも言えますが、ガソリンは一度燃え移ると始末に終えない位他の人や住宅などの被害が大きくなる可能性があります。

    もっとも、この記事を読んだ方が、ガソリン携行缶の扱いに気をつけたことで、自分にも被害が起きなくなる事も期待していますので、ブックマークが多くなればいいなと思っています。

    ⇒このコメントに返信

  2. akira さんのコメント: 2013年8月18日 23:19

     今回の福知山の花火の事故でまだ原因は解明されていませんので予想ですが、、
     テキ屋の兄ちゃんは、朝か前日にガソリンを携行缶に入れたのだと思います。そして発電機の近くに携行缶をおいておいた為(これは目撃情報もあるみたいです)、熱せられて急速に気化したのでしょう。そして、発電機を回したまま、気圧調節ネジを開放せずに蓋を開けたため、とんでもない量のガソリンが吹き出して爆発したのだと思います。

     なにが言いたいのかというと、別に「長期間保存後に」蓋を開けたから一気にガソリンが吹き出すわけでは無いのでは?!という事です(>_<)

     もし間違っていたらゴメンナサイ

    ⇒このコメントに返信

    fujichan からの返信: 2013年8月19日 05:23

    akira さん、ありがとうございます!

    確かにそうですね。
    ガソリンが噴出す原因は、「長期間保存後」ということに限定されるわけではないですね。
    揮発しやすい液体は、周囲の温度の上昇にとても影響を受けやすくなっていますし、最近の異常ともいえる気温の上昇も考慮に入れなくてはいけません。

    いずれにしてもフタを空ける場合は、「気圧調整ネジを緩めて置く」ことが必要だということですね。
    そして、「火気をできるだけ遠ざけておく」ということも当然です。

    今回もそうですが、事故というのは原因があるはずですから、予備知識をきちんとしておけば、未然に防げることも多いという教訓を与えてくれたと思います。

    ご指摘ありがとうございました。

    ⇒このコメントに返信

コメントをどうぞ!

※下の画像の文字をキャプチャコードに入力してから送信ボタンを押して下さい。

*

blogram投票ボタン
左向き矢印 よろしければポチッとな♪



人も自然の一部 放鳥トキの子育てライブ映像

このページの先頭へ
  • BBFujiロゴ RSS コメントRSS
  • 背景チェンジ
    色んな富士山画像が楽しめます♪
  • エントリー

    blogram投票ボタン
    ランキングバナーはやめました。blogramなら、アマゾンギフト券ももらえますよ♪
  • Auther:Fujichan
    ↓Click me!
    アイコンfujichan→「風を感じて」
    民放TVカメラマン記者を経て、ITコンテンツ制作会社「BBFuji」を設立。
    音楽を愛し、ガンコながらも涙もろい人情派! ・・・と自分では思ってます。
    ご意見、ご感想をどうぞ!
  • おきてがみ

  • おすすめコーナー

  • おすすめリンク

  • オススメBGM

  • アメイジングコンテンツ

    五目並べ オセロ おみくじ
  • Community parts

    ツイッター
    blogram
    ブログランキング
  • タグクラウド