メーデー

今日はメーデーです。Wikipediaによると、

(May Day、直訳すれば「5月の日」)は、世界各地で毎年5月1日に行われる祭典である。
ヨーロッパでは春の訪れを祝う日である一方、労働者が統一して権利要求と国際連帯の活動を行なう日でもある。「労働(者)の日」”Labour Day”ともいうが、いくつかの国ではその国独自の「労働者の日」を定めているため、International Labour Day と言う必要がある。

とある。
TV局にいた当時は、この日は各地で行われる集会(大会)を取材したものです。
最近は労使の力関係のバランスが崩れ、かつての労働組合を中心とした労働者の結束力は、弱体化を極めている感があります。

55年体制の崩壊と共に、社会党はかつての求心力を失い、非自民としての受け皿となるべき民主党が政権を握りました。

発足当時70%以上あった民主党の支持率は、現在20%台にまで急落し、普天間基地の移転問題で窮地に立たされています。

労働者の支持の受け皿となるべき政党がこれでは、いい政治など出来るはずがありません。

労使交渉の場では、「会社が潰れたら元も子もないだろう!」という理屈が幅を利かせ、景気の低迷がこれを後押ししています。

私も経営者の端くれ。会社を維持しようと、この不景気の荒波を乗り越えていくのに必死ですが、「共生」という理念だけは崩さないように努力しています。
つまり、自分の会社だけ儲かるのは、いずれその反対の憂き目に遭い、持続的な発展もないと思うからです。

政治家は末代までその意志が受け継がれていくように、高い志を持ちながらこの苦境を打破してもらいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*