「Gumblarウイルス」感染対策

2010年1月19日 | おススメ情報, 知っ得情報 | 2 件のコメント |

コンピュータ・ウィルスによる被害が国内で拡大しているという。
これは「Adobe Reader」や「Flash Player」等のセキュリティ上の脆弱性を利用したもので、

1、ウェブサイトを閲覧しただけで感染する恐れがある。
2、セキュリティソフトで検出できないケースも少なくない。
3、大企業のホームページでも感染が報告されている。

という。
さらに始末が悪いのは、感染PCのFTPパスワードを盗み出し、ウィルスをWEBサイト上にアップロードでさらに感染を広めるというのだ。
旧バージョンの場合はセキュリティ上の脆弱性をついてウィルスに感染する危険性が高いのでバージョンアップが必要!以下に更新方法と対策を列挙します。

Adobe Reader更新手順

1、Acrobat/Adobe Reader を起動する。
2、[ヘルプ] メニューから [アップデートの有無をチェック] を選択する。
3、利用可能なアップデートが表示された場合には指示に従ってアップデートする。

予防方法

⇒Javascriptをオフにする
1、Adobe Readerの「編集」→「環境設定」より、「javascript」を選択する。
2、「Acrobat JavaScript」の設定をオフにする。
⇒更に安全を期すには
「マルチメディアの信頼性」の「信頼済みの文書」および
「その他の文書」の「マルチメディア操作を許可」からチェックを外す。

以上の方法は、最新のAdobe Readerをアップデートした際には必ず行うことが大事!
(2010/1/20現在、最新バージョンは9.3)

Flash Player更新手順
⇒ Flash Playerのバージョンを確認する。

以下は参考。

感染の疑いがある現象
1、セキュリティソフトでウイルスが検出された。
2、自分のサイト(ブログ)を検索した際、「危険なサイトです」と表示された。
3、自分のサイト(ブログ)のhtmlやphpファイルに見覚えの無いタグを埋め込まれた。

特に異常が見られなくても、定期的にウィルスチェックを行うことをお勧めします。

無料ウィルス・スパイウェア対策ソフト
AVGAVG Anti-Virus Free Edition 9.0Free Small Business Edition
Spybot-S&DSpybot – Search & Destroy©® 1.6.2
※スパイウェア対策ソフトを常駐した状態で競合させる事はオススメできません。

Gumblarの参考サイト
エフセキュアブログ:間違いだらけのGumblar対策


タグ: , ,


阪神・淡路大震災から15年 不思議な二重振り子

「「Gumblarウイルス」感染対策」に2 件のコメント

  1. miho さんのコメント: 2010年1月20日 6:55 AM

    今夜もう一度参考にみにきますね

    ありがとう!!

    [Reply]

  2. miho さんのコメント: 2010年1月20日 9:46 PM

    こんばんは
    やってみました
    参考になりました

    ありがとう!!!

    [Reply]

コメントをどうぞ!

※下の画像の文字をキャプチャコードに入力してから送信ボタンを押して下さい。

*

左向き矢印 よろしければポチッとな♪



阪神・淡路大震災から15年 不思議な二重振り子

このページの先頭へ

ご挨拶

    相変わらず世界で繰り返される戦争や内紛。
    日本はもはや世界の一流ではないという・・・
    地球が温暖化していく中で人間は荒廃の一途をたどるのか?
    皆さんと共にたくましくグチります!!