»» 参院補選で投票率史上最低

2009年10月26日 | 政治と経済, 私は言いたい! | 3 件のコメント |

政権交代後初の国政選挙となった参院統一補欠選挙は、神奈川・静岡共に民主党新人候補が当選し、参院会派が過半数まであと1議席となった。

ここで問題なのが、投票率だ。
神奈川が28.67%、静岡は35.64%で、静岡では史上最低を記録した。

確かに衆議院で政権交代を果たし、国民の関心は薄く、マスコミの扱いも衆議院のそれに比べ格段に低い。
なぜなら、参議院の存在意義が殆どないということに他ならない。

でもよく考えていただきたい。
参議院は現に存在しているし、国民の税金を使って議員報酬や活動費を支出している。
投票に行かないのなら、参議院を廃止する議論を喚起すべきだと思う。

投票は国民に認められた数少ない権利であると共に、義務である、と声を大にして言いたい。


タグ: , ,

左向き矢印 よろしければポチッとな♪




このページの先頭へ⇑

ご挨拶

    相変わらず世界で繰り返される戦争や内紛。
    日本はもはや世界の一流ではないという・・・
    地球が温暖化していく中で人間は荒廃の一途をたどるのか?
    皆さんと共にたくましくグチります!!