»» 富士山の景観

2009年10月18日 | 富士山, 私は言いたい! | 2 件のコメント |

富士山は世界文化遺産登録へ向け、国を挙げて活動が行われています。

なぜ自然遺産としての登録が出来ないかというと、「余りにも開発され過ぎていて、管理・保護するのが難しい」というのがユネスコの見解のようです。

短くて分かりやすい解説が「富士山を世界遺産に」に記述されています。

世界文化遺産は景観も重要です。
富士市内を車で走ると下の写真のような場面が数多く見られます。

富士市内の道路から見える富士山その1 富士市内の道路から見える富士山その2

富士市はご存知?の通り製紙業が盛んで、煙突が数多くあります。
また、電線や広告塔が邪魔をして富士山が良く見えません。

勿論富士山がきちんと見える場所もありますが、かなり限定されてしまいます。

富士市内から見える富士山その3 富士宮市の実家から見える富士山

右の写真は富士宮市の実家の前から撮影したもので、夕焼けで赤く染まりました。

以前に比べ大分住宅が増えましたが、近くには芸術家や芸能人の自宅もあり、富士山は今も昔も人を惹き付ける魅力があります。

富士山の麓で育った人間として景観は元より、人と自然の共生の大切さを伝えていきたいと思います。


タグ: , ,

左向き矢印 よろしければポチッとな♪




このページの先頭へ⇑

ご挨拶

    相変わらず世界で繰り返される戦争や内紛。
    日本はもはや世界の一流ではないという・・・
    地球が温暖化していく中で人間は荒廃の一途をたどるのか?
    皆さんと共にたくましくグチります!!