勝手盆

今日は嫁さんの実家で一足早いお盆の日です。この地域では「勝手盆」と呼んでいます。

私の実家は通常の8月13日~15日ですが、地域によってお盆を開く時期はまちまちのようです。

ウィキペディアによると・・・

お盆(おぼん)は、太陰太陽暦である和暦(天保暦など旧暦という)の7月15日を中心に日本で行なわれる祖先の霊を祀る一連の行事。
一般に仏教の行事と認識されているが、仏教の教義で説明できない部分も多く、古神道における先祖崇拝の儀式や神事に仏教行事の「盂蘭盆」(うらぼん)が習合して現在の形が出来たと考えられている。

とあり、迎え火をしてご先祖様が帰ってくるのに備えます。
親戚が一堂に集まるのは「盆・暮れ」くらいしかなくなって来ましたが、都会に暮らしている地方出身の人たちはそれさえもままならないご時世のようです。

ご先祖様を大事にしないと自分が何者かも分からなくなり、きっとしっぺ返しが起きると思いますので、是非ともご先祖様を大切にしてあげてください。
ご先祖様を大切にする事は自分を大切にする事なんですから。。。

BGMを聴きながら閲覧できます

今日は記事というよりもお知らせです。

右のサイドバナーにBGMを聴きながら閲覧できるリンクを付けてみました。(^-^)
曲は一昨日ご紹介した癒し系の音楽を3曲と、懐かしい浜辺の歌、合計4曲です。

別ページで開きますので、他の記事を見ようと別ページに飛んでも音楽が途切れる事はありません。
他のサイト(フラッシュコンテンツ以外)を見ている時も大丈夫です!
ただし、いくつものBGMを開いてしまうと音楽は途切れてしまいます。
※Java Script(ジャバスクリプト)がオンになっていないとポップアップされません。

ツボのつぼ

長時間同じ姿勢でいると肩が凝ったり、足がむくんだりしますよね。

そんな時に自分でそのコリを緩和できるツボを解説しているサイトをご紹介します。

その前にツボについて少し触れておきましょう!

以下はYOMIURI ONLINE(読売新聞)からの抜粋です。

はり・きゅうで使われるツボの位置が1989年に世界保健機関(WHO)により361箇所としてツボの名称を統一し、国際番号をつけた。

ツボは東洋医学で体内のエネルギーの通り道とされる経絡(けいらく)の要所にあるものが代表的。
1997年に米国立衛生研究所が、吐き気や手術後の痛みの緩和などでツボを刺激する「はり治療」の有効性を認める報告書を出すなど、欧米でも科学的な研究が進められている。

続いてツボについて解説しているサイトです。

足つぼマッサージによる健康法と効果 ココが一番丁寧で分かりやすかったです。
他には
お手軽ツボ刺激術 ツボ豆知識
なども参考になりました。(^-^)/