実家で出来た有機野菜

私の実家は静岡県富士宮市の朝霧高原の近くにあります。
 
朝霧高原は富士山が雄大にそびえ、麓では主に乳牛がのんびり牧草を食んでいる様子があちらこちらで見られる酪農地帯です。
 
ここは朝霧高原ほど標高が高くありませんが、
周辺では畑で野菜を作っている家が多く私の実家もその一つです。

実家の畑(富士宮市上井出) サイズはやや小ぶりでも甘くて美味しいとうもろこし

仕事や用事で里帰りしたときには母が手塩にかけて作った畑の野菜を、
「とうもろこしもって行きな。」などと必ず持たされます。
 
「うん、ありがとう。」と返事をしてしばらくすると、大体5種類ほどの野菜が用意されていてトランクいっぱいになるほどです。

キュウリ ナス。やっぱり秋が一番美味しいですね。 カボチャ。

野菜は無農薬で作っている為、母が草むしりをまめに行わなくてはならず荒れた手が中々良くなりません。
 
母が苦労して育てた野菜は畑の土が良い為新鮮で甘く、実家から帰った後はしばらく我が家の食卓を賑わせています。

里芋 サツマイモ ショウガ

最愛の夫をおととしの暮れに亡くし、寂しいはずの母が心を込めて作ってくれた野菜を今日も感謝と共にいただいています。

「お母さんいつもありがとう。 いただきます。」

家の庭にはこんな花も咲いています。健気(けなげ)な母のようです。