生きているだけで丸儲け

考え事をしたり、集中して何かをしていた後にフっと思い浮かぶフレーズがある。
 
「生きているだけで丸儲け・・・」
 
ある居酒屋で40歳になったばかりの女性店主が時々口にしている言葉だ。
 
その女性はいわゆるバツイチなのだが、元ご主人が数億円もの借金を抱え込み、
毎月の返済が80万円を下らなかったそうだ。
 
彼女は主婦をしながら仕事も頑張っていたが、借金の返済に追われる日々に耐えられず、やむを得ず大好きな彼と離婚したという。
 
そのフレーズが集中や緊張が途切れた瞬間に脳裏の何処からか聞こえてくるのだ。
 
「・・・そうだよな、あんまり先のことや何かにクヨクヨ悩んでいても仕方ない。現実を受け入れて今を楽しんだ方がいいに決まってる・・・」
 
そう思いつつ次の仕事に取り掛かるのだが、先行きの不安はなかなか拭えないでいる。
 
「生きているだけで丸儲けですよ。」
そういいながら女性店主は屈託のない笑顔で今夜も接客を楽しんでいる。
 
改めてその女性のたくましい割り切り人生観をうらやましく思う。