せこエコライフが地球を救う!

世界の温室効果ガス(主に二酸化炭素)の植物や海水などが吸収する量は
年間31億トンに対し、排出量は72億トンに達しています。
(国連「気候変動に関する政府間パネル」=IPCCより)
 
また、京都議定書で削減義務を負っている先進国が排出している温室効果ガスが
世界全体に占める割合は約3割で、大排出国のアメリカ・中国・インドには現在削減義務がありません。
 
温室効果ガスの削減は全ての国が取り組まないと意味がないのに・・・。
 
なぜ京都議定書に批准しないか・・・
経済(つまり金儲け)を優先しているからという明快な理由があります。
 
しかし世界中の科学者が「一刻も早く取り組まないと手遅れになる」というように
金儲けどころの話ではない時期に来ています。
 
そこで少しでも資源を有効活用し、環境に配慮しながらお金も節約できる方法の一部を紹介します。

  • マイバッグや風呂敷で買い物。
  • マイスティック(自分の箸)を使い割り箸を使わない。
  • シャンプーやリンスなどポンプ式の容器の最後の残りはフタを開けてお湯や
    ぬるま湯を足せば2回分ぐらい使える。勿論その次はリサイクルパックで補充して再使用。
  • 生き物の基本であるお日様が昇る時間に起きて夜は早く寝る。
  • エアコンの温度調整/夏の冷房を1度上げ、冬の暖房は1度下げる。
  • 冷蔵庫、エアコン、など消費電力が大きい家電をエコ目標達成率が高い製品に変える。長い目で見て結果的にお得!
  • 蛍光灯や電球を省エネ型のものにする。(長寿命だが白熱球に比べて暗いのが難点)
  • 体を洗うときは湯船からお湯を汲む。シャワーは頭をすすぐときだけに限定。
  • ゴミの分別とリサイクルを徹底し、生ごみは家庭用生ゴミ処理器に入れる。
    ⇒処理器で出来た肥料は家庭菜園に使う。⇒出来た野菜などが食べられ一石3丁。
  • 出張などで長期間家を開けるときは主電源やブレーカーで電源を切る。
  • ※タイマーを使用して管理機能を使っている家電に注意!
    冷蔵庫は中を空にし、氷が解けて水漏れしない様に注意!

以上ちょっと思いついたことを羅列しましたが、この他にもまだまだ沢山あると思います。
 
「私はこうしてる」という、あなたのせこエコライフの知恵を是非皆さんに教えてください!
文章のみ投稿される方は下のコメント欄にカテゴリーを明記してお願いいたします。
 
写真などを付けて投稿したい方は⇒コチラからどうぞ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*