次のページ

»» おばあちゃんの知恵袋Part.1

2008年3月6日 | 知っ得情報 | コメントする |

昔のおばあちゃんは生活の知恵の宝庫でした。
その知恵は現代でも十分通用するものがたくさんあります。
 
そのホンの一例を挙げてみました。
 
うち水(水分が蒸発するときの気化熱で熱を奪う)
効果
⇒道路に面した玄関先や庭に水をまくと涼しくなり、ほこりが舞うことを押さえる。
 
たんこぶ青あざに砂糖スリスリ(砂糖の保湿・気化熱作用)
効果
⇒転んだりして打ったところに砂糖をすり込むと、たんこぶや青あざが次第にひく。
 
まだまだあります。
 
続きを読む



左向き矢印 よろしければポチッとな♪


»» せこエコライフが地球を救う!

2008年3月4日 | 知っ得情報 | コメントする |

世界の温室効果ガス(主に二酸化炭素)の植物や海水などが吸収する量は
年間31億トンに対し、排出量は72億トンに達しています。
(国連「気候変動に関する政府間パネル」=IPCCより)
 
また、京都議定書で削減義務を負っている先進国が排出している温室効果ガスが
世界全体に占める割合は約3割で、大排出国のアメリカ・中国・インドには現在削減義務がありません。
 
温室効果ガスの削減は全ての国が取り組まないと意味がないのに・・・。
 
なぜ京都議定書に批准しないか・・・
経済(つまり金儲け)を優先しているからという明快な理由があります。
 
しかし世界中の科学者が「一刻も早く取り組まないと手遅れになる」というように
金儲けどころの話ではない時期に来ています。
 
そこで少しでも資源を有効活用し、環境に配慮しながらお金も節約できる方法の一部を紹介します。
続きを読む


左向き矢印 よろしければポチッとな♪



次のページ

このページの先頭へ⇑

ご挨拶

    相変わらず世界で繰り返される戦争や内紛。
    日本はもはや世界の一流ではないという・・・
    地球が温暖化していく中で人間は荒廃の一途をたどるのか?
    皆さんと共にたくましくグチります!!